ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしゲーム スターオーシャン(4) キャラの魅力 その1

<<   作成日時 : 2005/05/26 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スタオー(SFC)の思い出話第4回目です。スタオーでは
仲間になるキャラは全部で12人。(そのうち4人は固定です。
また、仲間になるのは一度に8人までなので、12人を
同時に仲間にできるわけではありません。)
仲間はなかなか個性的なキャラがそろってます。
では、簡単なキャラ評など・・・

2007年の末に発売された、リメイクのPSP版スターオーシャン1に
ついては、別サイト「stella」でプレイ日記などを書いていますので
そちらもよろしくお願いします。



 ラティクス・ファーレンス
本作主人公。通称ラティ。取扱説明書の紹介では、よくある
熱血主人公のような印象を受けるのですが、実際プレイ
してみると、目上の人には礼儀正しく結構落ち着いている
印象で意外でした。まあ、14,5歳とかならともかく、
19歳ですしね・・。ゲームの主人公にしては結構高めの年齢
設定かも?女性に対して鈍感なのは王道ですが(^^)。
ちょっと鈍感すぎる気もします。キャラの使い勝手でいくと、
彼は非常に強くて使いやすいです。剣技は強力なのばっかりだし、
特に七星双破斬なんか反則なほど強いです。
これがあれば他の剣技は正直、なくてもいいくらい。
アシュレイに教えてもらえる黒龍奥義は、画面効果はすごく
かっこいいけど、私はあんまり使いませんでした。この辺は
好みの問題もあるかも。
スタオーでは、ずっと彼を操作し続けることになりますが、
強いので爽快です(笑)。ラティは、素直で仲間を思いやる、
ごく普通の青年(剣は非常に強いけど・笑)として描かれていて、
とても好感が持てます。お気に入りキャラ。
しかしミリーをないがしろにするのはどうかと思いますが・・。
イリアさんと仲良くしてる場合かっ?と突っ込みたくなる。

 ミリー・キリート
本作ヒロイン。・・のはずなんですが、どうもそう言い切るのに
勇気がいるのはなぜ?何といっても、過去のロークに行って
二手に分かれてからラティたちと再会するまでがあまりにも
長すぎます。進め方によってはかなり終盤のシルヴァラントで
再会なんてこともあって、ちょっとゲーム中での印象が薄く
なりがちかな・・。ミリーもごく普通の女の子として描かれていて、
好きなキャラなんだけど・・。どうせなら、二手に分かれた時に
ラティで進めるか、ミリーで進めるか選べたらよかったな〜
(なんて、SFCじゃ容量的にそんなこと無理か)。
ミリーの魔法(正確には法術)の画面効果はなんだか
かわいらしいものが多いです。グラビティプレスなんて、
大きなおもりが空から落ちてくるんですよ〜。
攻撃魔法はほとんどなくて、ほぼ回復オンリーですが、
それだけにパーティに加わってくれると頼もしいです。
物理攻撃には非常に弱いので、気を付けてあげなければ
いけませんが。ラティのことが大好きですが、当のラティは
鈍感すぎて気持ちに全く気づいてもらえず。わざとか??
ってくらいラティはミリーに対してそっけない態度でかわいそう・・

 ドーン・マルトー
スタオーにおける気の毒キャラナンバーワン。物語序盤も序盤で
石化ウイルスに侵され、復活しても結局パーティに復帰することも
かなわず・・(^^;)。ミリーに想いをよせているがミリーには
気づいてもらえず、ミリーはラティのことが好き・・と、書いてる
だけでもかわいそうに思えるキャラです。
彼のような糸目のキャラはトライエース作品によく登場しますが、
スタッフさんに糸目好き(なんじゃそれは)がいるのかな。
戦闘が終わった時の勝利のポーズ(?)がとっても変です(^^;)。
間抜けです。好物まで設定されているのに、彼がそれを食せることは
なかった・・。もしかしたら、最初はパーティに復活させる
プランがあったのかもしれないですが・・。
ついでに、衣装の紫の半パンスパッツのセンスはどうかと
思うのです。

 ロニキス・J・ケニー
ミドルネームのJはなんなんだろうねと思いつつ、結局
明かされることはなかった地球連邦の大佐であり、
宇宙艦カルナスの艦長。セカンドストーリーにおける
主人公クロードの父親。こういった経歴を見てもわかるように
彼は裏の主人公といってもよい存在で、年の功(?)で
実質的にみんなのまとめ役になっています。
しかし地球人なのにいきなり紋章術を使えたり、宇宙を自由に
行き来する時代において弓を自在に使いこなしたり、謎多き人。
なんか、突っ込みどころが多くて面白いです。
奥さんを不治の病で亡くしており、イリアに思いを寄せられているのを
なんとなくわかっていながら、あと一歩が踏み出せないという
揺れる立場。
セカンドストーリーを見る限り、結局イリアと結婚したみたいですが。
(ロニキスさんはヒゲ面の別人ルックスになっており、少なからず
衝撃を受けました)
紋章術は強いし、弓も強いのかなと思ってよくパーティに
入れてました。ただ、弓が本当に強いのかは検証の余地が
あるかも。命中してるかどうかなんて確認する余裕がない・・。
愛すべきキャラで、いい味出してますよ。好物はまつたけボイル。
グルメなのか??

 イリア・シルベストリ
非常に優秀な、ロニキスの副官。なぜか格闘の心得があり
(ロニキスといい、未来は武術ブームなのか??)、戦闘では
武術で戦う。ロニキスが弓で、イリアが格闘術・・。
普通は逆じゃないかと思える組み合わせも、この二人なら
バッチリ(笑)。科学者というふれこみですが、あまりそれ
らしく見える場面はないかも・・。紋章術も使えないですし(^^;)。
かなり年の離れた(←余計なお世話)ロニキスに想いを
寄せているが、ロニキスは死別した奥さんのこともあり
あいまいな態度を取り続けているため、微妙に揺れる女心。
結局結婚したみたいですが、セカンドストーリーではクロードの
母親については明言されていないので、こちらも断言は
できませんが。
戦闘ではほとんどいつもパーティに入れて活躍してくれました。
戦闘終了後のセリフが個性的ですよね。「これなら満点ね」とか、
点数を付けたがるところに性格を感じます。人によってはイリアは
間合いが短いので使わなかったという意見も見られますが、
そう使いにくいことはないと思います。頼れるお姉さん的存在。

 長くなったので、キャラ評は何回かに分けたいと思います。
また続きは明日以降に・・スタオーのキャラはみんな好感度
高くて好きですね〜。特にローク人はまだ科学技術の
発展していない文明だからか、みんなある意味純朴で
まっすぐです。その辺がいいんでしょうね。


スターオーシャン1 ファースト ディパーチャー(通常版)
スターオーシャン1 ファースト ディパーチャー(通常版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしゲーム スターオーシャン(4) キャラの魅力 その1 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる