ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 神宮寺三郎 イノセントブラック

<<   作成日時 : 2005/05/19 10:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 渋いAVGの代表と言われる神宮寺シリーズ。私が初めてプレイしたのがイノセントブラック
でした。なんといっても、神宮寺のかっこよさが魅力ですね。あと、熊さんや洋子さん、
三好(なぜ彼女は呼び捨てなのか・・)などの個性あふれるキャラもいっぱいで、シリーズ物の
強みを感じます。

 ゲームとしては、そう難しい方ではないですね。いわゆるコマンド総当りで解けますし、
「推理」もありますが、簡単です。あえて言うなら、「捜索」モード・・視点が3Dに切り替わるの
ですが、読み込みにやや時間がかかりちょっと操作しづらいですね。方向転換がわずらわしい
かな。でも、全体の流れから見ると、私はほとんど気になりませんでした。
イノセントブラック自体は、制作会社が変わり、今までの神宮寺とはずいぶん違ったものに
なったようです。(過去作をしていないので、プレイした時はわかりませんでしたが)
ネタバレになるので、核心は避けますが、神宮寺の三種の神器(?)と言われる、
カミュ、マルボロ、ミニが全く登場しなかったことなどには、古くからのファンには相当な
抵抗があったようです。関係ないけど、どれも私とは全く縁のないものばかりだ・・
 
 気になったところは、最後のバトル。なぜあんな超強敵に神宮寺が勝てたのか?というのが
かなり疑問です。わざと負けてあげたのか、「彼」が負けたかったのか。
あと、新宿が舞台とはいえ、ヤクザがメインで出てくる設定は、なんとなく時代遅れな感じが
しました。明治組がレギュラーなので、出しやすいのかとも思うんですが。

 余談ですけど、神宮寺のメインキャラのネーミングは、かなりアバウトな付けられ方です。
神宮寺→明治神宮から  熊野→熊野神社から  御苑洋子→新宿御苑から
と、非常にわかりやすく、こういったネーミングセンス、私は大好きです。
「神宮寺」なんて実在する名前なのかなあ〜と思っていたのですが、なんと実在の「神宮寺」
さんを発見!!デパートにて行われた某有名真珠ブランドの展示会になぜか行ったとき。
会場には、二千万円のブローチやら、そこまでいかなくても数百万のネックレスやら指輪
やら、お手軽価格(その会場の感覚では)の百万近くのアクセサリーだらけで、場違い
だから早く帰ろうと思ったそのとき。案内の男性社員さんのネームプレートに「神宮寺」と書いて
あったので、思わずええっ!!と声をあげそうになりましたが、理性の力により踏みとどまりました。
神宮寺と高級宝石ブランド、という組み合わせがなんともアンバランスでした。
神宮寺さん、と呼んでみたかった・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神宮寺三郎 イノセントブラック ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる