ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしゲーム ミスティックアークまぼろし劇場

<<   作成日時 : 2005/06/13 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日はSFCのミスティックアークだったので、早速一応続編のまぼろし劇場(PS)を。
一応と書いたのは、内容的にはほとんど、というか全くつながりがないからなんですね。
アークという存在が、強いていえばつながりを感じさせるといったところでしょうか。
キャラデザは山田章博さんなので、これもつながりですね。ただ、山田さんは今回は
キャラデザだけでなく、ストーリーや設定も担当してるんです!なので、メインスタッフと
いっていいでしょう。山田さんファンにはオススメ。童話ファンにもオススメ。

 ・・と書くと、山田さんファン以外にはどうなの?という突っ込みを受けそうな書き方ですが、
正直言って、ゲームファンとしての評価はそう高くないゲームなんですよね(^^;)。
コアなゲーム好きには非常にゆるいゲーム、もしくは操作性の悪さが耐えられん!という
評価だろうと思います。
ジャンルとしてはAVGで、いくつかの世界を旅するんですが、世界が狭い!多分時間不足
もしくは予算不足なんじゃないかと思ってしまいます。山田さんの画集を見ると、もっと
色々ストーリーやイベントを構想してた跡があるので・・。
話を進めていくうちにアークという妖精のような存在を仲間にすることができ、戦い(といっても
激しいものではありません)の時に味方してくれたりします。そのバトルがカード制だったり
して、ユニークです。カードのバトル、私は非常に楽勝で、強運(こんな時だけ)を喜んで
いたのですが、非常に苦労したという話も聞きました。カード制は面白いと思うんですが、
やはり好みが分かれるかな・・。

 あと、主人公の操作性の悪さがネックですね。どうやらバイオハザード風らしい(未プレイ
のため、らしいとしか言えず・・)のですが、動きがカクカクしてて、方向転換などが
難しいです。慣れればそうは気にならないのですが、最初は戸惑うかも。

 なので、これはゲーム性よりは山田さんの世界観や雰囲気を楽しむゲームだろうと思う
わけです。妖精たちの住む世界とか、怪奇的な館とか、いきなり中華風な世界は前作
同様バラエティに富んでいて面白いですよ。だから余計に、もっと世界がたくさんあったら
よかったのに〜と思ってしまいます。女性とかライトユーザーにはかなりオススメです。
EDのスタッフロールの名前のレタリングも山田さんが手がけていて、これがまたおしゃれで
センスがよいのです。こういう細かいところまで楽しめます。
そして音楽!これがまたよいのです。OP、EDはもちろん、世界観に合った音楽で
ゲームとは別に聴きたくなります。サントラが出ていないのが非常〜に残念!!
EDはかなりあっさりですが、しみじみと懐かしい気持ちになります。
もう戻れないあの子供時代を振り返りたい、そんな時にやってもらいたいゲームです。






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしゲーム ミスティックアークまぼろし劇場 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる