ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしゲーム クロノ・トリガー

<<   作成日時 : 2005/06/07 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 懐かしい思い出のゲームといえば、なんといってもクロノ・トリガーです。
ゲームの出来もさることながら、プレイ当時の自分の環境とか、クロノにまつわる個人的な
思い出などが重なって、忘れられない一本なのです。思い出が多すぎて語るのが難しい
ゲームでもあります。書き出したらこの間のスタオーの比にならないほど書き続けそうなの
ですがあえて簡潔に。

 クロノは発売前からすごい注目ゲームだったそうですが(あのスタッフ陣ならそうでしょう)、
私は発売当時ゲームと縁遠くなっていたので、全くそんなことは知らずにいました。
実際にプレイしたのは発売から2年ほど過ぎたころだったと思います。
RPG自体が久々のプレイでしたが、やり始めると止まらず、一気にクリアしました。
中古で買った上に説明書も箱もなくて、操作方法も自分でプレイしながら覚えていったの
ですが、そんなことも気にならないほどの勢いでした。初めてゲームで徹夜をしましたし(笑)。
クロノの素晴らしさは既にあちこちで語られていますし、相当に売れた人気ソフトなので
今更書くまでもないですが、とにかくストーリーとキャラが大好きでした。

 ストーリーについては、タイムトラベルの描き方が不十分といった声も聞きましたが、
私はあれでよかった、むしろああいう形がよかったと思っています。 タイムトラベルの
つじつま合わせに走るのではなく、あくまでもストーリーを生かす道具として使ったこと。
それが、ストーリーを生き生きとしたものにしていたと思います。童心にかえって世界を
救う冒険に出る楽しさを感じさせてくれたゲームでした。
キャラも、鳥山さんのキャラデザと世界観がマッチしていて実にいいです。クロノには
オーソドックスな美青年キャラはいないけれど(大人キャラは魔王とカエルですが、
よくある美青年キャラでないところがまたよい)、キャラはみんな個性があり、一人一人が
丁寧に描かれています。嫌いなキャラがいないですしね。

 クロノといえば、音楽の素晴らしさも挙げられます。CDも買って何百回と聴きました。
OP、時の回廊、EDが個人的なベスト3です。他も好きな曲がたくさん。特に、時の回廊は
ジールのあの雰囲気にぴったりハマッていて、大大好き。古代の厳寒の平原の中に
ポツンと建つ、不思議な建物に行くと、いつのまにか見知らぬ場所に瞬間移動していた。
建物を出ると、今までの吹雪がウソのような、美しい光景が広がっていた。
そこは魔法王国ジールだった。・・とまあ、そういう情景にぴったりなのです。

 グラフィックも当時最高のレベルだったと思うし、キャラの細かい動きも丁寧に作られている。
その当時のスクウェアのRPGのよい所を全部表現しているような傑作だったと思うわけです。
こんなに個人的思い入れがあるからこそ、続編(正統の続編といっていいかは自信がないです)
のクロノ・クロスには相当心を痛めたのも事実です。
ユーザーが思い描く続編と、作り手の求める続編は一致するわけではない。それはわかって
いても、あまりのズレに、泣きたくなってしまった。そんな思いすらも今は思い出の中なのかも
しれません。あの時と同じ気持ちでゲームの内容に一喜一憂したり、怒ったり、逆に喜んだり
することはもう出来ないのかもしれないけれど、でもやっぱりクロノ・トリガーは大好きなゲーム
なのです。

 一時期「クロノ・ブレイク」という名称が商標登録されたこともあって、クロノ・トリガーの
続編が出るのでは?という噂が流れました。いつのまにか商標登録は取り下げられて
いたそうなので、続編は今の段階ではほぼ可能性ゼロのようにも思えます。
スクウェア自体も、エニックスと合併したし、当時のスタッフも入れ替わりがあって
クロノシリーズを開発しようという動きは鈍いのかもしれないですね。クロスがトリガーほどは
売れなかったのもあるでしょう。
もし、続編を望むのか?と問われたら即答できません。ハードも違うし、トリガーが好きだった
のであって、クロノと名前がつけばどんなゲームでも続編としてプレイしたいわけでもないし・・。
それよりは、スクエニに新しいオリジナルタイトルを開発してほしいかな。今は全くのオリジナル
RPGが出にくいので。ラジアータはそういう意味ではあえてオリジナルのタイトルだったので
出したことに敬意を持ってます。ゲーム自体の評価は結構厳しいみたいですけど、未プレイ
なのでなんとも言えませんが。

 たかがゲーム、されどゲーム。クロノについて考えるとき、いつもこの言葉が浮かんできます。
考えてもいちユーザーには如何ともしがたいし、何か社会生活に役立つわけでもない。
趣味、娯楽なのです。でもやっぱり真剣に考えてしまう。
好きだからとしかいいようがないですね。そんなことを思いながら。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしゲーム クロノ・トリガー ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる