ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニット キャラ語り その2

<<   作成日時 : 2005/07/26 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 台風は九州をそれて本州のほうに行ったようです。本州のみなさんお気を付けください。
しかし微妙に台風の影響があるのか、昨晩から風が強いです。

(注意:ここより完全ネタバレ)

 さて、ジルオールのキャラ語りその2です。今日は・・・

 ナッジ
「ナッジねえ・・いい奴なんだけどなあ・・・」 (円卓の騎士・ネモさん談)

 昨日のザギヴからいきなりやや地味目キャラのナッジになりましたが、このキャラ語りは
普段あまり語られることのない、堅実な真面目キャラにも光をあてていこうという試みです
ので(今決定しました)、よろしくお願いします(^^;)。
なによりインフィニットのファーストプレイでずっとパーティに入れていたので(ただしザギヴが
仲間になるまで)、語りやすいというのもあります。インフィニットでイベントが激増したキャラ
(たとえばエステル、レムオン、ゼネテスなどなど・・)は、きちんとゲームをやりこまないと
語るのが難しそうで。でも語りますが(笑)。

 ナッジはネモにも「いい奴なんだけどなあ・・」と言われるほどのお人よしキャラですね。
テラネスタートなら、わりとイベントも多くて親近感が持てますが、それ以外のスタートだと
仲間にはしたけど、あとは猫屋敷でゆっくりしててね、という人が多いかも・・。
序盤から仲間になるタイプでは魔法系OKだし、戦士系もなんとかいけるので戦力的にも
貴重な存在だと思います。

 ナッジは少数民族のコーンスで、それにより故郷テラネでは迫害とまではいかなくても
疎外されてきた過去を持ちます。ただ、宿屋の息子ヴァンだけは(テラネスタートの場合は
男主人公も)ナッジを親友として接して受け入れているのですが・・。
しかしテラネスタートの場合はヴァンの両親に腹を立てつつゲームを進めるはめに。
ナッジや主人公に対するあまりの反応に、故郷を旅立つ主人公とナッジに心からの声援を
送りたくなること請け合い。テラネではずっと宿屋を利用できませんしね。
ただ、このトラブルの原因を作ったのは実はガルドランなんですが、そんなことはもう
忘却してしまう私(笑)。前作ではガルドランは初登場時はとても強くて、主人公たちは
惨敗するので悔しさ倍増だったんですが、インフィニットではあっさり勝てたので、ガルドランに
対する怒りはそれほどでもありませんでした。

 ジルオールには様々な種族が出てきますが、その中でもコーンスとダルケニスは人間たちに
厳しく迫害をされている種族です。他の種族、たとえばドワーフやリルビーは人間と友好的な
関係を結んでいるようですが、この違いはなんなのでしょうか。思うに、コーンスやダルケニスは
人間に近い姿をしていながら、能力(コーンスなら魔力、ダルケニスなら新月の晩の常人を
越えた力)が人間を上回るがゆえに、恐れの対象になってきたのではないか。いわゆる
近親憎悪とでもいったものでしょうか。ドワーフやボルダンも、人間より優れた能力を持って
いますが、彼らのそれは主に物理的な力であるし、人間とは外見もかなり違う。ボルダンは
わりと人間に近い外見ですが強さにのみ価値を見出し、人間世界への世俗的関心はない。
また、コーンスもダルケニスも、いたって穏やかで理知的な種族であるので、人間の迫害に
対しても表立って抵抗せず、自分たちが受け入れられる日を夢見ていたのかもしれない・・。
そんなことを考えると悲しくなってきました。ジルのメインテーマは種族間の争いではないので
全面に出ることはありませんでしたが、こういうテーマも扱っているジルは多様性を持っていて
いいなあ、と改めて思うわけです。

 ナッジはやはり自分たちが迫害されている種族であることを悲しく思い、悩んだ結果、
ジラークの反乱に参加するわけですが、せっかくの新イベントなのでその辺の心の軌跡を
ゲーム中で描いてくれたらよかったなあ、と思うわけです。ナッジのイベントといえば、
ガルドランとヴァン絡みのものがほとんどだったので。どういうふうに考えた結果、
反乱に参加したのか??
その辺の描写がなかったので、アルノートゥンに行って聖鉱石の洞窟に行ったときの
ナッジの豹変ぶりに違和感を感じました。あまりにも唐突かつ頑なな態度だったもので。
そんなことお構いなしにその頑なな態度を打ち破るヴァンの理屈抜きの友情も胸にしみました
けどね。そして熱いヴァンに対してのナッジの言葉。「すぐ腹を立てるのはバカ」「ヴァン、
恥ずかしいからやめてよ」・・・ナッジらしいですね。このセリフが出た時はほっとしました。
ああ、いつものナッジに戻ってるって。インフィニットではナッジも結構死にやすいキャラに
なってしまって、全く気が抜けません。特に序盤からずっと育てて、ここで死なれた日には(泣)。
インフィニットにおいて、ストーリー後半のキャラの死にやすさについては、前作からのファン
には賛否両論だろうと思います。
私も・・複雑ですが、やっぱりみんな死なないでほしい。それが正直な気持ちです。

 ジラークからコーンスの未来を託されてしまった(^^;)ナッジはさてこれからどうする
のか。EDではバイアシオン大陸を去ってしまうようで、おいおいとツッコミたくなります
けど(^^;)。ナッジ&ヴァンEDは見逃しました(泣)。どうやらヴァンの好感度が足りなかった
ようです。仲間になってからは猫屋敷待機で、ナッジを助ける時だけパーティに入れてたし。
まあとにかく、ナッジは「いい奴」。このネモの言葉に尽きるでしょう(^^)。
追伸:しかし「森のおりこうさん」という異名(といっていいのか)はどうにかならなかったん
でしょうか(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。突然のコメントで失礼いたします。
つい最近「ジルオール インフィニットプラス」を始めた者です。立体的なキャラ造形がとても魅力的で、早く全部のエンディングを見たくて暇さえあればプレイしています。
アクション苦手なのでトリニティは躊躇していますが(^^;)

登場キャラの中ではナッジが大好きなのですが、ファンサイトなどでも意外と彼に言及している方が少なくてちょっと寂しいです……。
確かに他の濃ゆい面々に比べると地味なのですが、何の他意も下心もなく主人公と仲良くしてくれる彼の存在はプレイ中の癒しだと思います。
それだけにジラークの乱での死亡イベントが衝撃的でした。アイリーンと並ぶくらいごく普通の感覚の持ち主であるナッジが、死を覚悟で主人公を迎え撃ったことに壮絶なものを感じて……。

またお邪魔させていただきます♪
海くらげ
2011/07/11 00:50
海くらげさん、初めまして。コメントありがとうございました。この記事がよく見たら6年も前のもので我ながら驚くと同時に、地味目のナッジのキャラ語りに感想を頂けてとても嬉しく思います。

他が濃すぎるのでいい人止まりで目立たないナッジですが、ほんと癒しな存在ですよね。オリジナルのPS版では死亡イベントがなかったので、インフィニットの展開はかなり違和感を感じました。どうせ追加するならもっと楽しいイベントにしてほしかったです(泣)
エンディングがとても多いので全部見るのは大変かもしれませんが、頑張って下さいね。またぜひいらしてください!
ゆみしま
2011/07/13 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジルオール インフィニット キャラ語り その2 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる