ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニット キャラ語り その5

<<   作成日時 : 2005/07/29 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ジルオール インフィニットのキャラ語りその5です。どうも今までの分が長文かつ
重めだったので、軽めの進行にしたいな、と。そのほうが気軽に書けますね〜。
深刻なのはどうも性に合わないみたいで(^^;)。結局お気楽な人間なのか、私は。

 (注意:ここより完全ネタバレ)
 一回につき一人というのももどかしいので、複数書いてみようかと思い、まとめやすい(笑)
四人の巫女を(安直な)。つくづく大雑把だな、と自分でも思います(^^;)。

 エステル
 「誰が助けてくれなんて言った?」「ここまでやることないじゃない!」
 上記のセリフ、あまり印象にない方も多いでしょうが、私はこのセリフを怒りと共に
覚えています(^^;)。リベルダムの入口で怪しげな男達に連れ去られそうになっている
エステルを親切心で助けて勝利したところ、上記のキツイセリフが投げつけられます。
せっかく助けたのになんだ、その言い方は!!と激怒する主人公=私。
エステルにしてみれば、仲間の砂漠の民を傷つけられたというわけで、彼女の怒りももっとも
ですがこっちはそんな事情を知る由もなく。他にもエステルはいきなり首飾りを砂漠に探しに
行ってと無茶な頼みをしてきたり、さらわれたりと、結構世話焼かせです(笑)。
四人の巫女の中で唯一末弥さんのキャラデザで、しかもインフィニットでは追加イラストも
あり(プレミアムボックスのパッケージ)、追加イベントも多くて優遇されているエステル。
ジルがフリーシナリオじゃなければヒロイン候補筆頭だったかも。
巫女服は普段のボーイッシュな服装とは全然イメージが違って大人びてますね。
前作ではいつも巫女さんたちを救出していたものの、インフィニット初回プレイでは好感度が
足りず、エステルはラドラスと運命を共にしたのでした・・(泣)。今回は助けるべく好感度を
上げてます。しかしパーティを頻繁に離脱するのはどうにかならないのか(なりません)。

 フレア
「私は誰も必要としません。」
 フレアのセリフは人造人間(この呼称は違和感あり。ファンタジーっぽくないような)
ならではの無機質・無感情なものばかりです(当たり前ですが)。今まであまりフレアと
関わってこなかったので、彼女のことを理解しているとは言いがたいかな。
前作では救えなかったのが今回は救えるとあって、世のフレアファン(男性多し)は
喜んでいるとか。私も救ってあげたい!と意気込んでいるのですが、救出条件が厳しい
ですね〜。他のイベントとの兼ねあいもあって、上手くやるには計画立てて進めないと
難しそうです。セカンドプレイではなんとか救いたいですが、いまいち自信なし・・。
セカンドプレイは女性主人公なのでEDは見られませんが、せめて好感度だけは上げようと
何度もフレアのところに行ってます。今まで聞いたことのないセリフが聞けて嬉しいですね。
でも感情を理解できない彼女のセリフは切ない・・。シェムハザよ、そなたの罪は重い(エア風)。

エア
「未来を知りたいと思うか?」
 一番巫女らしい貫禄のあるエア(笑)。なんとなく平安朝のお顔に「わらわ」とくれば納得の
巫女リーダーです(意味不明)。実際巫女の中では一番魔力が強く(エステル談)、ラドラス
浮上の際はみんなをまとめております。天地千年を見通す予見の力を持つエアですが、
代々の風の巫女が魔力で子孫を残してきたというまた衝撃的な生い立ちを持っています。
要するに自分の複製(?)を魔力で残してきたということなんでしょうか。だからしゃべり方が
時代がかっているのかな。そんなことをしているのも、強力な魔力を持った巫女を確保する
ため、ということみたいですが、巫女は悲しくもゆがんだ存在のようで・・。
このことからも魔法王国ラドラスがどんな存在だったか想像できるというもので。
強大な魔力によって世界を支配した大国。そこは魔力の強い人間のみが権力を持ち、
魔力の低い人間を抑圧していた・・。しかし時代と共に魔力は弱まっていき、王国は崩壊
する・・これは私の勝手な想像です(妄想ともいう)。

 インフィニットではエアとあまり会話しなかったので、好感度も上がりませんでした。
前作の場合は、好感度を上げれば翔王を倒したあとのエア激怒→戦闘(エア死亡)を
回避できます。また好感度を上げていくとエアが「魔法で子孫を残すのはやめる」と
衝撃の宣言を行います。風の巫女の将来やいかに・・?でも他の巫女は普通に子孫を
残してるから、なんとかなるのでは?それとも風の巫女は予見の力を持つためにより
強い魔力が必要ということなのかな。とすると普通に子孫を残すことになれば、風の
巫女は予見の力を失うのかもしれません。そのほうが幸せなのかも、というのは多分
エアも思っているのではないでしょうか。

 イークレムン
「あ、すみません。また、ボーッとしてしまって・・」
最後は水の巫女イークレムン。巫女の中では最も穏やかな(笑)生い立ち・・かなあ。
しかし父親はあのアンギルダンということで、似てない親子ナンバーワンの座を勝ち取り
ました(マイランキングによる独断)。他の3人に比べると、やや地味目な彼女ですが
好きですね。多分現実にいて最も付き合いやすいはず。ミズチと会話された日には
少々引くかもしれませんけど(笑)。戦争のさなか敵ディンガルの兵をも助けるというのは
個人的には納得いかない点もあるけれども、それはそれで彼女の芯の強さを表してますね。
 
 水の神殿は火・風の神殿と違ってモンスターの邪魔もなく行きやすいので、イークレムンの
好感度を上げるのはそう難しくはないかな。話をしているとこっちまで眠気が来そうな(^^;)、
ほっとできる雰囲気で和みますね。水の巫女なのに水の精霊神を信用してないあたり、
大物というか鋭いというか。さすがアンギルダンの娘。EDを見たいけど、ゼネテスを救うには
2度ともロストール側に付かないといけないので、アンギルダンの死亡が確定してしまい(泣)
見れません・・。(イークレムンのED条件の一つにアンギルダン生存がある)
3周目ではなんとか見たいですね。

 巫女の設定は深く考えていくと面白そうです。魔法王国ラドラスやシャロームの遥かな
子孫という設定も興味深いです。神聖王国アルレシアなどの話も結構細かく設定されて
いるようなので、もし続編が出るとしたら、この辺りの話でもいいかも、とか勝手に思って
みたりして。今回は全員生存の可能性ありなのでよかったです。しかし巫女の服は
ユニフォームなのか??と思ってしまう。みんな形は一緒だし(^^;)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジルオール インフィニット キャラ語り その5 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる