ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニット プレイ日記 その9

<<   作成日時 : 2005/07/05 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、ジルオールインフィニット プレイ日記その9です。
今日もいきなりネタバレでいきます。

 ロストールからスタートです。今日(7/4)も暑いな〜〜と思いエアコンを入れて開始。
久々にエンシャントに行くかなと思って移動すると、歴史イベントが発生。ボルボラ失脚の
イベントです。これでノーブル伯になることはなくなっちゃいました。次のプレイ時は
旅先スタートにする予定なので、もともとノーブル伯になれないし。レムオンサイドの
話はすごく密度が濃くて好きなのに。キャラはレムオンよりゼネテスが好きですが・・。

 エンシャントの墓場ではたくさんイベントが起こりました。というか、何度も画面を切り替えて
自分で何度もイベントを起こしたんですが(笑)。
まずはザギヴ。主人公に向かって「私をこの墓の中に入れてくれるの?」とブラック
ジョークを言います(^^;)。さすがに自分でも「冗談よ。私でも冗談くらい言うわ。」と自ら
フォローしますが、あとの祭りです。ちっとも冗談に聞こえません。そういう強がりなところが
好きですけどね。

 次、ネメア。イズの墓の前にたたずんでます。主人公に気がつくと「私のやり方に不満が
あるようだな。なら、私と対決しろ」みたいなことを言って去っていきます。どうもネメアは
つかめない人ですね。結局なにをやりたいのか、いまいちよく分からない・・。
でも、正統派の正義の味方的な振る舞いとは違うのが魅力だなと思います。前作では
主人公そっちのけでパッケージで一人目立ってましたし(笑)。

 次、エルファス。「何だ、(主人公の名前)か・・・。」とやや疲れた、普通の青年(少年??)の
雰囲気です。格好は普通とは言いがたいけど(^^;)。姉に対する深い深い、でもどこか屈折
した思いを語ります。最後は「つまらない話をした。・・忘れてくれ。」とどこか寂しげに去って
いきます。いつもは尊大な預言者として振舞っていますが、時折見せる孤独な表情が人を
惹きつけるのでしょうか・・。

 さすがにこの後墓場に何度か出入りしてもイベントが起こらなかったので、ふと思いついて
ゾフォル氏の隠れ家へ。すると「珍しい剣を持っているな」、と言って主人公の持つ緋炎の宝剣に
目を留めます。ゾフォル氏は宝剣に対する知識を自慢しつつ、ウルグ様が人間などにやられる
ことはないということも忘れずアピール。なんとなくイヤな感じ(^^;)。

 広場に行くと、さっき孤独な表情を見せていたエルファスが再登場。今度は打って変わって
尊大な預言者に戻っています。「目の光が険しくなったね。死の羽音(=レイヴン)の件が
気に食わなかったのかい?」と軽くジャブ。私は、「そうだ、そうだ!プライバシーを守れ」
などと心の中で思いましたが、エルファスは「気にするな。僕だっていつまでも奴に関わって
いるほど暇じゃない」などと嫌味を言って去っていきます。ジルの敵(?)キャラはみんな
性格が屈折してるぞ〜。

 さらにエンシャント城門前。思いがけずトンガリ宰相ベルゼーヴァ氏登場。しかし彼もまた
いきなり「ウルカーンでネメア様の邪魔をしたようだな。以後そのようなマネは慎むことだ。
復活の後も生き延びたいならな。」と一方的にこちらに文句と脅迫を言ってさっさと城門内に
戻ります。なんだか立て続けに複数の濃いメンバーから嫌味やら文句を言われて少し
ブルーな主人公くん。少なくとも自分のほうがあんたたちよりは善良だって!!!と言いたい
今日この頃です。エンシャントは居心地が悪いぜ!!と悪態をつきたくなる主人公くん。
そりゃ、こっちはロストールの竜字将軍だしさ〜。ディンガル軍にもそれなりに痛手は与えた
けどさ〜と思う私。
しかし、ベルゼーヴァ氏の言う「復活の後」って、何が復活するのか??という疑問を持ち
ました。ラドラスみたいな魔法王国??竜王はもう覚醒してるし・・。じゃあやっぱりウルグの
復活かな〜。彼、ベルゼーヴァ氏の狙いもいまいちつかめないけど、闇の神器を集めてる
ってことは、やはりウルグを復活させるのが目的ってことでしょうか。

 まだ終わらずお次はアイリーン。駆け寄ろうとする主人公を手で制して(笑)、彼女は
自分がカルラ配下の騎士になり、青竜軍の副将に任命されたことを告げます。
今の時点では敵味方に分かれてしまったわけですが。
いつも思いますがカルラが16歳って、絶対年齢詐称でしょ!!私の中では、少なくとも
プラス10歳なのですが・・。ファンの方ごめんなさい。でも、そのくらいのほうがリアリティ
あるし・・。そりゃファンタジーですがある程度の現実感はほしいな、って話がそれました。
要するに、16歳のカルラに仕えるアイリーンはじゃあいったいいくつなんだろう??と
思ったわけです。スタート地点によっては主人公の幼馴染にもなるアイリーンなので、
主人公の大体の年齢イメージをつかむのにいいかな〜と考えたんですが。

 エンシャントには様々な人の思いがあふれている。無限のソウルを持つ主人公に
とっても、その人たちの思いは、自分と関係ないと割り切れるものではなくなっていた。
こうして、一介の冒険者に過ぎなかった主人公もバイアシオン大陸における壮大な
歴史の渦に巻き込まれていくのだった・・・

と勝手にナレーションをつけてみました。まだプレイ日記に書くことがあるんですが
長くなったので、いったんここで終わります。すぐに次をアップします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジルオール インフィニット プレイ日記 その9 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる