ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニット プレイ日記 その10

<<   作成日時 : 2005/07/05 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 (注意:完全ネタバレです)

 プレイ日記その10です。その9から続いてます。
エンシャントにて、ディンガル帝国などの濃いメンバーとの会話に少々疲れて、街中に
やってきました。疲れたサラリーマンのごとく(笑)酒場に入ると、フェティがまたもや
主人公につっかかってきます。「いつになったら驚きに満ちた世界とやらを見せてくれるのっ!」
そうこうやりとりしていると、奥にいたデルガドが「そうじゃっ!」と突然叫んで元気を取り戻し
炎竜山に行くぞ!!と主人公を誘います。一連の緋炎の宝剣イベントですね。
忘れずにあとで炎竜山に行こう・・とメモ。

 さっきのベルゼーヴァの言葉が気になって魔道の塔に行くことに。彼の父シャロームの
所に行くと、果たしてベルゼーヴァがシャロームと会話をしています。ベルゼーヴァはかなり
激しい口調で父シャロームを批判します。二人の目的自体は共通しているようですが・・。
「人類の革新」「真の霊長」・・要するに、古代の魔道王国ラドラスや神聖王国アルレシアの
ような魔道の技術でまた世界を繁栄させようといったことでしょうか。そのために必要な
超人類を求めている。ベルゼーヴァによればその超人類はネメアであり、また無限のソウルを
持つ主人公も候補の一人だということみたいです。もっともシャロームに言わせると、ネメアは
魔人の出来そこないにすぎないということみたいで、親子の間の意見対立の溝(笑)は
埋まりそうにありません。

 シャロームは主人公のことはそれなりに目をかけているみたいですが・・。もちろん、利用
させてもらおうといった目のかけ方です(^^;)。シャロームはベルゼーヴァに、強力な資質を
授けてやったと言ってますので、ひょっとするとベルゼーヴァも真の霊長となるべくシャロ−ムに
利用された存在なのかも。それが上手くいかなかったため、ベルゼーヴァは父を憎んでいるし
ネメアや主人公に対して複雑なコンプレックス抱いているのかも。だからこそネメアに盲目的に
従うのか・・?と、この辺は私の勝手な想像です。この二人は興味深い存在ですね。

 ギルドの依頼で久々に猫屋敷へ。パーティの入れ替えもしていないので、ほんとに久々です。
行くとオルファウスとケリュネイアが話をしていて、こっそり聞く羽目に。ケリュネイアはネメアに
対する愛憎の複雑な感情から、主人公を利用してネメアの野望を阻止しようとしていたのです。
その辺をオルファウスにズバリ指摘されて調子悪く去っていくケリュネイア。なんか、主人公が
相当なお人よしに思えて不憫な気も(^^;)。みんなに言いたい放題言われ、かつ利用されて
ばかり・・。そのあとネモに好感度について確認。大体想像したとおりですが、一つ意外な点が。
ベルゼーヴァです。前作では好感度対象キャラではなかったのですが、「軽蔑されてる。奴との
関係は冷え切ってる」そうです・・・。何となくショック(笑)。ウルカーンでネメアの邪魔をしたから
か・・。思いっきり脅迫されたしね。でも、闇の神器を入手する以上これは仕方ないもんね〜と
強がってみる。ネメア様に盾突く者は全て軽蔑の対象なのね・・。

 次はテラネへ。ガルドランに勝って、仇を取ったことをヴァンに報告するためです。
しかしヴァンはガルドランの命を奪わなかったことに対して怒り、一人飛び出していきます。
ナッジの冷静なコメントが笑えます。「ヴァンはすねてるんだ」だったかな。
旅をして成長した主人公とナッジに比べて一人お子ちゃまなヴァン君です。
 
 乙女の鏡にて、ティラの娘退治。またここではレムオンの弟エストに出会います。
闇の神器を所持しているが、今は渡せない、研究が進んだら報告すると言って彼は
去ります。マッドサイエンティストだなあ・・。
さて、報告のためエンシャントのギルドに行くと、衝撃情報が。
「リベルダムが落ちたらしい」・・・・・この噂を確かめるべく、次はリベルダムへ!!
というところで終わりました。そろそろ怒涛の展開になってきました。楽しみです。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジルオール インフィニット プレイ日記 その10 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる