ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニット キャラ語りその13

<<   作成日時 : 2005/08/15 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 携帯で書いた13日14日の記事ですが、パソコンで確認してみると
きちんと表示されていて一安心。よかった。携帯でも書けるのは便利
ですね。ただし長い記事を書こうと思ったら大変です、指が痛くなって
しまう(^^;)。

 さて、キャラ語りその13です。そろそろ、誰を語ろうか迷う頃です(笑)。
まだメインキャラ・人気キャラが残っています(セラとかベルさんとか
ツェラシェルとか・・女性の人気キャラはだいぶ語った気がするんです
が・・巫女さん・王女・カルラなどなど)。しかしセラなどはインフィニット
ではまだきちんとイベントをこなしていないので、語ろうにも資料不足
です。ロストール関連の締めくくりとして、ここはロストールの脇役さん
たちを語りましょうか・・・

 (注意:ここより完全ネタバレ)

 というわけで短く何人か。

 エスト
 レムオンの弟というおいしい設定ながら、あまりイベントがなくて影は
薄めなエスト。それでもインフィニットではナーシェスでっちあげイベント
が追加されてます(笑)。古代文明の研究に没頭し、ちょっと危なげな
思想を持っているようにも見受けられますが(^^;)。主人公との会話の
中での選択肢は、私個人の思いとは逆に答えないと好感度が上がらない
ので、仕方なく主人公もちょっと危なげな思想に賛成してますが(笑)。
エストに賛成してると、罪悪感を感じるのは私だけではないはず。
あのベルゼーヴァ氏にも絶賛されるほどの優秀な頭脳を持っているん
ですけどね。タルテュバが従兄弟たちを妬むのも無理ないです。

 レムオンとの兄弟関係はとてもいい感じだと思うんですが。
異母兄弟であり、エストのほうが正妻の子でありながら、兄レムオンを
尊敬し愛している様子。レムオンのほうもエストは弟としてかわいがって
いる様子です。たぶんエストの母がレムオンを立てていたのでエストも
兄を憎むことなく育ったのでしょう。ふと思ったのですが、エストは
レムオンが半ダルケニスということは知っていた・・はずですよね。
家族で一緒に暮らしていながら、知らないというのは不自然か。
でも彼は浮世離れしていて、種族間の差別などとは縁遠そうです。
逆に種族特有の能力とかに興味ありそう。
そんなエストがふともらす言葉。レムオンがエストの研究に口を出さない
のは、研究を認めているからではない。そうしておけば、自分の政務の
邪魔にならないからだ・・。

 兄を憎むとかではなく、きちんと自分の研究を認めてもらいたいという
思いは、兄に甘えたい、構ってもらいたいというエストの子供っぽい
一面が出ていて微笑ましいです。それだけ兄を慕っているんでしょう。
なにせエストも自分の母は亡くなっているし、家族はレムオンだけですしね。
レムオン死亡・生存どちらにしても、結局リューガ家の当主はエストになる
ようです(レムオンはダルケニスの血をひいていることがばれ、表舞台からは
去ることになる)。貴族制も崩壊しそうな戦後のロストールでは、当主と
言っても、もはやあまり意味のないものかもしれませんが・・。
エストはどっちにしても、政治に関わることはないでしょうしね。
しかし君ももう少し家に帰ってセバスチャンを安心させたほうがいいよ(笑)。

 インフィニットでは2回とも、好感度が足りずに、アドヴェントの場所は教えて
もらえずじまいです。次回こそは!!でも、好感度を上げたとしても、復興団
の拠点となったリューガ家に現れるなんてことはなさそうですね。現れるんなら
気合い入れて好感度を上げるんですが・・!もうちょっと出番が多かったら
よかったのに。あと、一回でいいからゲーム中でエストとレムオンが会話する
ところを見たかった。一回も接触しないのが、らしいといえばらしいですが。
レムオンの「俺もまだまだ甘いな・・」というセリフも微笑ましくて好き。
レムオンもエストのことは認めていたみたいですね。あとはもう少し関心を
持ってあげたら、彼の心にもプラスになるような気がします。


 タルテュバ
 短く、言いながらエストが長くなったので、タル氏はほんとに短く(笑)。
彼についてはセカンドプレイの覚え書きで少し触れているので、そちらも見て
頂ければと思います。タルテュバに関してはレムオンやエストといった
従兄弟たちがあまりに優秀だったことが不幸の始まりですね。しかも、
ゲームが進行するとゲーム中の人物列伝も内容が変わってくるのですが、
それを見るともともとタルテュバの家がリューガ家の本家だったが、
レムオン達の父親の代の時に本家当主の座を奪われた、とあります。
このことから察するに、タルテュバの父もあまり優秀とは言えなかった
ようで、レムオン一家に対するコンプレックスは相当なものがあったでしょう。

 おまけに貴族の中でも筆頭の名家ファーロス家の息子ゼネテスは、放蕩
息子(タル氏から見れば、自分とそう変わらないように見えていたのかも)で
ありながら、庶民に絶大な人気があって、しかも軍功を立てる。自分は
敵前逃亡・・。周りの貴族たちがもっと無能ならよかったのに、特別優れた
人物ばかり。そう考えるとタル氏もある意味かわいそうです。タル氏も普通の
庶民の家に生まれれば、多少性格の悪い奴、で済んだかもしれません。
でも貴族に生まれたからにはそれなりの人物でないと周りも認めてくれない。
しかし自分は無能だった・・・。今回は最後に自分の正直な心情を吐露し、
主人公に感謝しながら息を引き取る、という結末も用意されているので
少し報われたかも・・。

 オッシ
 いきなりかなりの脇役オッシ登場(笑)。タル氏も長くなったのでホントに
簡潔に。というのも、王城スタートでタルテュバの最期のイベントを進めると
衝撃の事実が明らかになるそうです。オッシは実は元はロストールの貴族
だったが、貴族の地位を捨てたとのこと。かなりビックリです。タルテュバが
語ってくれるらしいです。驚き。インフィニットでは男前な顔グラの追加されて
よかったね(笑)。せっかくなら一つでも追加イベントがあるともっとよかった。

 セバスチャン
 インフィニット顔グラ追加組の中でもっとも衝撃を振りまいた彼(笑)。
私もしゃべり方などからどう考えても「礼儀正しく温厚な、心配性の老齢の
英国紳士」なイメージでした(かなり独断)。
しかし顔グラを見ると若くてハンサムさんではないですか。ちょっと面長な
気もするけど・・(失礼)。そして復興団結成時にはゴブゴブ団を家にあげる
など、意外と柔軟性もあるようで。執事といえば慇懃無礼な頭の固い
おじさまを想像する私(また独断)。
せっかく顔グラもあるんだから、イベントを作ってくれればよかったのに。
またはミニゲームで「セバスチャンのお使い日誌」とか(何それ)。

 あと、アイリーンの母親も、せめて名前くらい付けてあげたらよかった
かな〜と思ってみたり。フェルムちゃんは、前作のほうが好きでした。
なんか妙に現代的な外見になってしまった(^^;)。それを言うなら
一般の巫女さんの衣装も、グラフィックで見ると普通のワンピースに
見えるんですけど・・・。は関係ないか。
ロストールの人たちはこれで大体語ったかな。忘れていた人がいたら、
思い出したときにやります(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジルオール インフィニット キャラ語りその13 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる