ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人物辞典:神聖王国アルレシア

<<   作成日時 : 2005/09/15 13:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神聖王国アルレシアに関係する人物の紹介です。50音順です。参考資料は
公式設定集「始原口伝」とジルオール、インフィニットのゲームからです。

・アルレシアの七王・・・天空神ノトゥーンにより遣わされた強大な魔力を持つ魔道士たち。
サウル、ディーヴァ、シャローム、エリヤ、ザカー、イズキヤル、ナザールのこと。

・アハブ・・・アルノートゥンのふもと、鉱山のある街の太守の名前、もしくは町の名を指す。
聖光石を支配しようとして独立するが、アルノートゥン太守エシュトの怒りを買い、疫病に
よって街は滅ぼされた。今も廃墟の街が残っている。

・アリアロ・・・最後の神聖王レムゲドンと因縁があった、9世紀の英雄にして聖堂騎士の
少女。封魔の槍を使っていた。

・アルキュオネ・・・アルレシア25代神聖王。清浄の時代を築いたと言われる。
賢王とも言われ、アルキュオネの失われた剣士の伝説にもその名が見られる。

・イグザクス・・・大いなるソウルの持ち主。6英雄の一人。神聖王国では聖堂騎士団長
だったが、女王サラミスにより処刑されそうな商人たちを伴い王国を脱出し、 リベルダムを
建国。幾度となく攻めてきた神聖王国との戦いで死亡。余談だが、イグザクスはサラミスに
恋をした。2人は結局別れるが、一度の逢瀬によってサラミスは娘を産む。その娘が次の
神聖王となった。

・イズキヤル・・・アルレシア七王の一人。シャロームに殺される。

・ウォルノートゥ・・・聖者ウォルノートゥと呼ばれる。聖光石を発掘する。

・エシュト・・・アルレシア滅亡時のアルノートゥン太守。最後の神聖王レムゲドンの弟。
のち、離反したアハブを街ごと滅ぼす。

・エリヤ・・・アルレシア七王の一人。シャロームに殺される。

・サウル・・・アルレシア七王の一人。シャロームに殺される。

・サラミス・・・39代神聖王。女性。この頃は魔法文明が廃れてきており、教義建て直しのため
商人を追放、処刑しようとする。また、聖光石の発掘禁止、魔道兵器の放棄、施文院を異端と
して追放する。なお、恋人だったイグザクスは商人を連れてアルレシアを脱出。リベルダムを
建国する。イグザクスとの間に娘をもうける。

・ザカー・・・アルレシア七王の一人。シャロームに殺される。

・シャローム・・・アルレシア七王の一人。竜王の策により同じく七王の一人ディーヴァと
ラドラスを建国。超人類となるが、その力を恐れた竜王と七王の一人ナザールにより
封じられる。詳細はラドラスの項目を参照。

・ディーヴァ・・・アルレシア七王の一人。竜王の策により同じく七王の一人シャロームと
ラドラスを建国。詳細はラドラスの項目を参照。

・ナザール・・・アルレシア七王の一人。実質的なアルレシア建国の祖。超人類となった
シャロームを竜王と共に封じる。

・ミラク・・・賢王アルキュオネ(25代神聖王)の失われた剣士と言われる。邪竜エルアザルを
倒したとも言われるが、おそらく虚無の剣を使ったことで存在を忘れられたと思われる。

・ラムゼー・・・26代神聖王。アルキュオネの甥。聖者ウォルノートゥが発掘した聖光石の
力を利用してラドラスを追い詰める。最後の神聖王レムゲドンの時代を除き、アルレシアの
最大版図を確立。

・レオニック・・・神聖王国暦3世紀に活躍した施文院の創設者。「封士」の称号を持つ。
レオニックの日記と伝えられる文書は現代(王国暦1200年ごろ)では収集家の間で
高値で取り引きされている。

・レムゲドン・・・最後の神聖王。蛮族出身のメガ・ディンガルを将軍とし、最大版図を獲得。
シャロームの秘術でラドラスを復活・完成させ、世界を統べようとしたが、竜王によって
阻止される。メガ・ディンガルが反乱を起こしディンガル帝国を建国。レムゲドンは戦死し
神聖王国アルレシアは滅亡した。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人物辞典:神聖王国アルレシア ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる