ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の秋

<<   作成日時 : 2005/11/11 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 読書の秋とか、食欲の秋とか、なんかひねりのないタイトルだなあ
と思いながらもつい書いてしまう私(^^;)。食欲はともかく、本は
いつでも読むべき、ですよね。

 大きい書店に行ったので、ふと本でも買って読もうかな、と思った
わけです。元々のお目当てはややマイナーな雑誌だったんですが。
先日、今は東京に住む友人から、職場のつてで郷土料理を紹介
してほしいとの依頼があり、雑誌に写真つきで載ったので見てね、
と言われたんです。私は聞いたことのない雑誌だったので、大きい
書店じゃないと置いてないだろう、と思い探しました。すぐに見つかり
ましたしたくさん置いてました。結構高いので立ち読みでいいと友人に
言われていたので、その言葉とおり立ち読み(ごめんなさい)。
なかなかおしゃれにまとめられていてよかったです。

 さて、そのあとせっかくだからマイナーな本でも探すか、とウロウロ。
私は世間一般の基準からいくとマイナーな作家が好きですが(ゲーム
だってジルオールが好きだし・・。世間で認知されているゲームと
言ったらFFとかDQですよね)
海外の作家だったらSF系やちょっと不思議な話を書く人が好きです。
あと、特に最近は短編を読んでます。長編を読むのがツラくなったのは
年のせいでしょうか・・。長編も大好きですが、読み出すと一気に最後
まで読まないと気がすまないので、あまりにも長い話は読む前から
腰がひけてしまう(^^;)。あと、長編で完結していればいいんですが
まだ刊行中のシリーズとかも今から読むのは気力が必要ですね。

 そんなことをゴチャゴチャ考えながら、我ながら注文が多いな、
本当の読書好きはそんなことは考えないよねきっと・・と思いつつ
海外作家のコーナーへ。
前から読みたいなと思っている本が何冊かあって、

P・G・ウッドハウスの「ジーヴス」シリーズ。
シオドア・スタージョンの「海を失った男」「不思議のひと触れ」
「一角獣・多角獣(長らく絶版になっていたのが復活していたのを
発見して感動!)」
レイ・ブラッドベリ「塵よりよみがえり」「さよなら、コンスタンス」
「10月はたそがれの国」「なにかが道をやってくる」

 このあたりを読みたいんですが、さっぱりご存知なかったら
すみません(^^;)。一つでも読んだことのある方がいたら嬉しいな。
楽しく読めそうなのはジーヴスシリーズでしょう。イギリスのユーモア
小説(語弊があるかな)です。貴族に仕える有能な執事のジーヴスが
主人を助けて事件を解決する・・といったお話。シャーロック・ホームズも
好きなので、きっとクラシックなイギリス事件ものが好みなんだろうなあ。
スタージョンはややグロテスクな表現が結構あるので躊躇してしまうの
ですが、題材が興味深いものばかりなので読みたいです。
ブラッドベリはその叙情的な雰囲気と題材が好きです。

 ずっと図書館を利用してないんですが。久々に図書館にも行って
みようかな。こういう本を置いててくれたらいいんですけど、どうなん
でしょうね。とにかく、活字本を読みたい!秋のこの頃です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書の秋 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる