ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 10番目の惑星か?2003UB313

<<   作成日時 : 2006/01/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「2003UB313」・・・太陽系10番目の惑星かと言われる星です。
去年の7月にNASAが発表したとのこと。

 夕刊に「広がる太陽系の果て」という特集があって、ちょっと天文
好きな私は喜んで読みました。名前がSF的でかっこいいなあ。
実にミーハーです(^^;)。
「2003UB313」は、惑星と認められたわけではなく、名称も仮符号
だそうです。惑星ではないだろう、との説が紹介されていました。
この天体は軌道の一部が「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる
環状の領域にあり、、エッジワース・カイパーベルトは約1,000個の
小天体群のこと。「2003UB313」は、同じく2003年に発見された
小惑星「セドナ」とは違うものだそうです。
従来太陽系には冥王星を端として、9つの惑星が存在すると言われて
きましたが、もしかすると10番目の惑星と認定される天体が将来
出てくるかもしれないのです。ロマンですね。

 ・・と、興味のない人にはさっぱり面白くないかもしれませんが、
子供のころから天文が好きでした。星空を見て、星座を見つけるのが
楽しかったのです。わかりやすいのは何と言っても冬のオリオン座。
臼の真ん中に三つ星が並んでいる。その近くに最も明るい恒星シリウス
が輝く。北極星を中心に、北斗七星、カシオペア座。白鳥座も見つけ
やすいです。冬の空は空気がきれいで星座を探すにはもってこい。
思えば、子供のころは熱心に空を見ていました。そのうち天球儀が
ほしい、望遠鏡がほしいとねだってみたものの、だめでした。
その前に顕微鏡がほしいとねだって買ってもらったものの、その後
ほったらかしにしていた私は、すっかり親の信用を失っていたのです(^^;)。

 でも、道具がなくても星の観察はできます。上で挙げたような星座や
星から、明けの明星、宵の明星。これらは明るいのでわかりやすい
です。私も、最近ではすっかり星から遠ざかっていましたが、たまには
夜空を見上げてみようかな。一瞬でも、童心に帰ることができそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10番目の惑星か?2003UB313 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる