ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ語検定を受けてきました(3)

<<   作成日時 : 2006/06/30 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 さて、なかなか検定に行き着かないこのシリーズ
(いつからシリーズ化したのやら)、ようやく最終回
です。単なる食事記録になっているような気もしますが
それはわざとです(^^;)。

 朝、目覚ましがなる前に目が覚めて外を見ると、
今にも雨が降りそうな天気でした。昨日買っておいた
パンにピロシキ、トマト(&レモンn)ジュースで朝食。
Mさんと合流してバスに乗って会場の某大学へ。
会場に着いてバスを降りたら、やはり雨が降って
いました。大学の門の前に学生らしき人たちが数人
立っていて、なぜか私たちに話し掛けてきました。
「あの〜、すみません○建学院です。アンケートに
答えていただけませんか?」
「???」と思いながらも雨も降っていたし、どういう
アンケートかわからないので断って大学に入ろうと
すると・・・。

 そこには男女比99:1の集団が・・。年齢も様々。
お兄さんからおじさんまで。そしておじさんになるほど
服装がラフになっているような。というか、作業着を
着たおじさん
がかなりいるんですが・・・。

この人たちがドイツ語検定を受けるのか・・・???

 大学に入って表示を見てようやく納得。土木系の
試験も同じ会場だったのです。
じゃあさっきのアンケートは、土木系の試験を受ける人
たちが対象だったんだ。ようやく納得して、私たちは
ドイツ語検定会場の教室へ。
いや、おかしいと思ったんですよね。受験番号からしても
受験者は少なそうだったし・・・。
実際、受験者は30人くらいでした。
試験を受けるなんて久しぶりで、問題が配られたあと、
試験開始を待つまでの時間が妙に長くて、ドキドキ
しました。いざ問題を開いたら、すごく難しい内容だったら
どうしよう。今年から問題傾向が変わってたら・・?
などとネガティブなことを考えている間に試験開始。
まずは書き取り試験60分です。
 
 試験内容は省略しますが(笑)、問題集の模擬試験
よりはひねった内容で、色々考えていたら、60分が
あっという間に過ぎてしまいました。
次は聞き取り試験。これは約20分ほど。
やはり聞き取りは難しいですね。もうちょっとラジオや
テレビでネイティヴスピーカーの発音を聞いておくべき
だった。・・といつもの後悔。
聞き取り試験も終了。これで試験は全部終了です。

 会場を出ると、雨はもうやんでいました。これから
街中へまた出て、打ち上げ(もう?)の昼食です。
昨日電車の中でMさんに、F県に住む友人が、ある
中華料理店で某美輪○宏氏の隣の席になった、と
いう「有名人に会ったエピソード」を話したのです。
するとMさんはその話が強烈だったらしく、その店に
行きたいとのこと。私も以前行きましたが、それから
ずいぶんご無沙汰なので、じゃあそこに行こうという
ことに。

 その中華の店は、夜は高いのですがランチはまあ
お手ごろです。お昼時でお客さんが多くて、席が空くのを
待っている間にMさんと検定の答え合わせ。
だいたいは2人の答えが合っていたので安心する私。
でも2人が間違えているという可能性も(^^;)。
だけどもう終わったこと。開放感に浸る私たちは、
フカヒレコース」を注文・・・。勢いよすぎですか?(笑)
今度はいつこの店に来るかわからないしね、という
ことで、気前よく。
その店は、中華ですが北京&四川料理で、薄めかつ
あっさりめの味付け。後口もよく、とても上品です。
そして、量も上品です(笑)。

 美味しいものを思い切り食べるぞ、と意気込んでいた
私たちはちょっと拍子抜け。いや、食べすぎは健康に
よくないですけどね・・。
フカヒレ餃子、とてもとてもおいしかったけど一人一個は
少ない・・。デザートの杏仁豆腐も、私はMさんに向かって
「もっと山盛りにしてくれてもいいですね」などとお下品な
発言をして、Mさんに「若いね〜」などと感心(?)される
はめに。
いや、でもおいしいからこそもっと食べたいと思うわけで、
本当においしかったですよ。

 満足する2人。そして、デパ地下でお土産を買い、セール
になっていた洋服を買い(私だけ)、帰路についたのでした。
まじめな感想を書くと(今までは不真面目だったのか?)、
試験を受けるのも刺激になっていいですね。
「刺激になる」なんてありふれた表現ですけど。
社会人になり、試験とも縁遠くなり、いつしか「何かのために
勉強する」なんてことを忘れかけていた私は、今回の検定で
懐かしい充実感を味わうことができました。
「目標を立てて努力して、結果を出す」
今回、果たして結果を出せたかどうかは、まだわかりませんが、
つい「仕事があるから・・」などと言って、仕事以外のところでの
努力を惜しむ傾向のあった私は反省しました。

 社会人になったから何かかできない、ということはない。
それは頭ではわかっていても、実際に仕事以外で努力する
ということは少しの気力が必要です。今回検定を受けて、
その気力を久々に引き出せたように感じます。
ほかにも色々と挑戦していきたいな、と思った週末でした。
仕事もそれ以外も頑張っている人から見れば、何を幼稚な
ことを言ってるんだろう、と思われても仕方ない内容です。
私もそう思います。だけど、こう思えたのは今回の最大の
収穫だったかな、と思います。
さあ、またがんばろう。ドイツ語ももう少しわかるように
なりたいものです。

終わり




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
試験お疲れ様でした。
試験か・・・・ここしばらく受けてないですね。
気が向いたら資格試験に挑戦してみます。
森熊
2006/07/01 09:03
森熊さん、ありがとうございます。
私も試験は本当に久しぶりだった
ので、よい刺激になりました。
また何か試験を受けようかとも
思ってます。お互い頑張りましょう!
ゆみしま
2006/07/02 14:16
私も09年秋のドイツ語技能検定5級と4級を受験しました、ドイツ語10年勉強して、ドイツにも12回行って、現地の友達も多くいるのに始めてのドイツ語検定受験でした。めでたく合格できました。(5級は1問間違えて満点ならず!)来年6月には3級(余力があれば2級も)を目指します!
マツケン
2009/12/20 20:26
マツケンさん、こんにちは。合格おめでとう
ございます。私の4級受検時(2006年)
は5級はまだありませんでした。
私は今ドイツ語の勉強を一旦休止している
状態ですが、3級は合格したいなあと
思っています。単語くらいは日々覚えたい
と思いつつ。ドイツに12回も行かれた
とは羨ましいです。近いうち行きたいとは
思っていますが、なかなか実現しません。
お互い勉強頑張りましょう!
ゆみしま
2009/12/20 22:03
ゆみしま様へ。
お久しぶりです。昨年11月の独検で5級4級に受かりましたが、今年6月の春の独検で3級に挑戦して、何とか合格できました。得点は100点満点換算で71.13点でした。なお合格最低点は60・56点とのことです。昨日早速育文堂の独検らくらく合格2級のテキストを買って、中身を少々見ましたが、とても難しく、「2級は付け焼刃では合格無理だっちっゃ!」と思いました。これでも準1級が出来る前の2級と比べればはるかに易しいのでしょうが・・・。とにかく3級合格で胸をなでおろしています。そして早速ドイツの友人達に3級合格の一方を知らせなければ!と思い、メールを送ることにします。みんな喜んでくれるでしょうか? ゆみしまさんも暑い日が続きますがお体には気をつけて、お互いドイツ語学習に励めれたら嬉しいと思います。さらに楽しいブログからの発信を期待しています。
マツケン
2010/07/22 18:08
マツケンさん、お久しぶりです。3級合格おめでとうございます!ハイスピードで順調に上達への道を進んでらっしゃいますね。以前通っていたドイツ語教室の友人も、3級と2級は難易度の差が激しすぎると嘆いていました。準1級が出来る前の話ですが。
ドイツにお友達がいらっしゃるのは素晴らしいことですよ!ドイツ語でメールのやり取りを続ければレベルアップ間違いなしでは?語学ってネイティブの人と会話をするのが一番の上達の早道ではないかと思ってます。
などと言いつつ、私は勉強を中断したままです。ここは一念発起、秋の検定を目指してみようかとちょっと思いました。マツケンさんも2級に向けて頑張って下さいませ。
ゆみしま
2010/07/22 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドイツ語検定を受けてきました(3) ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる