ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾旅行(2)〜アジアの熱気

<<   作成日時 : 2006/09/30 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 (9月17日) 
台北の中正国際空港に着き、入国審査を終えて
現地ガイドさんと合流。そのガイドさんこそ今回の
旅行を楽しいものにしてくれた大恩人である。
セツさん(漢字が難しいのでカタカナで。ご本人
いわく珍しい姓だそう)、台湾人、なんと78歳。
とても78歳とは思えない!!!!!誰よりも
早く歩き、誰よりもテキパキと動く。とにかく
元気。って、元気なんて表現は仕事を現役で
されている方に失礼な表現だが、そのパワーに
圧倒される私だった。

 ちなみに今回の旅行は私たちのグループ(4人)
だけ。某J○Bのツアーだが、ネットで申し込んだ
のでこのとき初めてツアーの詳細がわかったの
だった。てっきり20人とかで団体行動するツアーと
思っていたので嬉しい驚き。やっぱり自グループ
だけが気楽だ。セツさんはスルーガイドなので
帰国までずっとお世話になった。

 空港から台北市内へ。高速で40分くらいか。
ホテルにチェックインし、早速街中へ。
免税店をのぞいたあと、太平洋そごうに行ってみる。
とりあえず外国に行ったら、日系デパートに行かずに
いられないタチなのだ・・。
台湾はタクシーが安くて便利。MRT(市電みたいな
もの)もあるが、4人ならタクシーが割安でおすすめ。
行きたいところが有名な観光スポットなら、運転手に
ガイドブックを見せれば大丈夫。日本人には筆談
という便利な手段もあるし。

 タクシーには計4回乗ったが、そごうに行くときに
乗ったタクシーの運転手さんが一番いい人だった。
日本語は多分わからないのだろうが、ニュアンスは
なんとなくわかるらしく、私たちが道にあふれる
日本車を見て、「カローラ・アルティス??日本は
そんなのないよねえ」と話していると、運転手さんが
「カムリ。トヨタナンバーワン!」と笑顔で教えてくれた。
ちなみに乗ったタクシーもトヨタ車。私もトヨタに乗って
たりする。で、料金もおまけしてくれたし、ニコニコと
優しい人だった。

 そごうから帰る時の運転手さんも、言葉はお互い
通じないながら、「シンテンコン!(行天宮、道教の
廟のこと)」とか大通りの名前を教えてくれるなど、
親切な人だった。外国でタクシーに乗るってちょっと
勇気が必要だったりするが(日本でもそうだけど・・^^;)、
台北中心部に限っていえば、よい感じだった。

 そごうに行ったのは、夕食を食べるのが主な目的でも
あったのだが、人が多い!!多い!!日曜の夜だった
というのもあるだろうが、銀座三越でもこんな多くないぞ
という感じ。そごうに入っている上海料理店で食事。
麺と麻婆豆腐と、あと名前の分からない料理(薄い餅に
野菜と肉のあんがかかっている?^^;)を頼む。
おいしかったが、麺は薄味だった。意外。
キレイで安心できるので、つい日系デパートに頼って
しまう。ガイドブックに載っている名店も行きたかったが、
今日は朝早くから行動しているので、疲れで気力が
もうなかった。

 ホテルに戻り、隣のセブンイレブンでおやつを買って
部屋で二次会(?)をする。日本の飲み物もたくさん
売っているが、こちらではペットボトルの容量が600ミリ
リットルというのが標準らしく、やや大きめ。笑ったのは
アクエリアスに「日本でも大人気」と書いてあったことだ。
あとはアスパラガスのジュース、冬瓜のジュースなど
想像できないものも多い。勇気がなく試していないが・・
さて、明日に備えて寝ることにする。あすは台北観光の
あとで電車に乗り、花蓮に行くハードスケジュールだ。
早く眠らなきゃ・・。

(つづく)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台湾旅行(2)〜アジアの熱気 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる