ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スープカレーを作ってみた

<<   作成日時 : 2006/09/03 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 先日予告していた(一方的に)、スープカレーを
作るゾ!という目標ですが、無事達成しました!

 って簡単なんですけどね。市販のルーを使う
だけなんで(^^;)。あんまり時間がなかったので
ルーに書いてあるとおりの作り方をほぼ
実行。工夫も何もない・・。
ジャガイモとにんじんを適当な大きさに切って
沸騰させたお湯で柔らかく煮る(20分)。
本当はここで鶏肉(モモ)も一緒に煮ることと
なっていたのですが、茹ですぎじゃないかと
思って、ルーを入れる直前に鶏肉を入れました。

 野菜が柔らかくなったら、ルーを入れて一煮立ち。
そのあと、お皿にスパイスオイルを入れておき、
作っておいたルーを注ぐ。ご飯をルーに浸して食べる。
私作の今回の初スープカレーは、なんだか味が
塩からかったです。
(注:塩からい→「しょっぱい=塩からい」O県あたりの
方言と思われます)
味が濃そうだったので、水を多目に入れたのですが
それでも塩からいというのは・・・。
元々そういうものなんでしょうか。私の作り方に問題が
あったのかもしれないし、まだまだ謎です、スープカレー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「塩辛い」=「塩っぱい」(しょっぱい)。
広辞苑にも記載されている、立派なニッポンの共通語です。
私は千葉県人ですが生まれて三日目からずっと使ってます。

ところが、熊本県人の同僚は、熊本では塩辛いとは言わずに、わさびの辛さも醤油の辛さも全て「辛い」という言葉で表すと言うので、「それはおまえのヴォキャブラリーが貧困なだけじゃないのか?」とツッコンだのですが、どうなのでしょう?
NAO
2006/09/04 13:03
「塩辛い」は共通語なんですね。
むかしむかし、国語の副読本か
教材だったか、方言の紹介で
九州では「塩辛い」、関東では
「しょっぱい」と表現します、
なんてことが書いてあってそれを
今まで信じてました。

熊本県人の同僚とは、駒大苫小牧を
応援していたAさんでしょうか(根に
持ってるわけではないですよ^^;)。
う〜ん、熊本の方言はわからない
ですねえ〜。辛子レンコンしか
思い浮かばない・・。(←??)
ただでさえ、O県(なぜいつも
イニシャルなのやら)の言葉は
皆さんが想像する「九州の言葉」
とは相当に違うので・・。
よし、今日の記事は「O県の方言」
にします!
ゆみしま
2006/09/04 22:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スープカレーを作ってみた ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる