ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐々木倫子「ペパミント・スパイ」

<<   作成日時 : 2007/10/09 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は実はそう漫画は読んできていないのです。が、倉庫から
懐かしい漫画が発見されたので古い作品ですがレビューをば。
佐々木倫子さんといえば何と言っても「動物のお医者さん」。
単行本12巻全部揃えてます。好きだったなあ〜。

 でも。佐々木倫子作品なら私は「ペパミント・スパイ」が一番
好きです。82年から87年にかけて発表された連作短編で、
もう20年以上も前(!)です。さすがにリアルタイムで読んで
いたわけではなくて、動物のお医者さんで佐々木さんを知って
過去の作品を集める過程でめぐり合ったんです。
1巻2巻が出ていますが、未収録の作品が2点あるそうです。
ああ読みたい。ただでさえ2巻しかないというのに。

 簡単に解説すると、舞台は英国と思われる外国のスパイ
養成学校。主人公ドナルド(コードネーム)が委員長や校長と
スリルありいつものおとぼけありの活躍をするお話。
かなり長い時間をかけて描かれているので、1巻と2巻では
絵柄が相当変わっています。1巻は正直絵が古臭くて結構
雑な感じです。(それが味だと思うので私は気にならない
けれど、最近の絵柄の洗練度から見ると落差がすごい)
2巻はだいぶ絵柄が洗練されてきて、終わりのほうはほぼ
「動物のお医者さん」の絵柄になってます(時期も重なっている)
ペパミント・スパイが他の作品と違うのは、結構ウエットな
雰囲気が流れていること。割と抒情的な描写が多いこと。
佐々木作品はドロドロした人間関係の描写がほとんどなくて、
それが魅力だし特徴でもあります。でもこの作品はちょっと
ウエットな要素があって、それが好きなんですよね。
終始ペシミスティックな雰囲気が支配し、珍しくセンチメンタルな
終わり方をする2巻の「田舎の日曜日」編がお気に入りです。

 おとぼけな雰囲気も健在とはいえ、スパイものですから
結構シリアスな場面も多くて面白い。自分の正体を秘密に
しないといけないが、ばれそうになって四苦八苦する、という
設定に弱いのでスパイとしての身分を隠して潜入する、なんて
流れは本当に楽しい。
キャラクターも例によって個性的。主人公ドナルドはもちろん
校長がいいです。ドナルドに振り回されつつもきちんと最後は
ベテランの力を見せて事件解決に一役買うところなんて
渋くてかっこいいですよ(私だけ?)。
1巻では委員長とドナルドのコンビが中心でしたが、2巻に
なると委員長の影が薄くなって、逆に校長の存在感が
増してくる。

 ああ、こんなに面白いし好きなのに、もう続編は望めない。
せめて未収録作品を何らかの形で読みたいですねー。
ウェブ上でもいいから。
と熱く語ったわりに動物のお医者さん以後の、青年誌に
移った佐々木さんの作品については読んでなかったり、
読んでもあまりピンと来なかったりですねえ・・。
「おたんこナース」はより一般受けしたけれど、かなり
生々しい描写が多かったこの作品は、あまり佐々木さん
らしさが感じられず私はイマイチ。(しかも借りて読んだだけ)
病院が舞台で看護師が主人公なので重たい話、生々しい
テーマになるのは仕方ないんですが、ドロドロせずおとぼけで
浮世離れした佐々木作品が好きなので、原作つきはどうも。

 その後の「Heaven?」とか「月館の殺人」とかは読んで
いないのです。やっぱり青年誌にいって雰囲気が微妙に
変わったなあーと感じるのと、原作つきが多くなったなーと
いうのがあって。佐々木さんオリジナルの話が読みたい。
最近は何も描いていないんでしょうか。情報に疎くって
すみません(^^;)。

 さて、「ペパミント・スパイ」は古いですがそこはさすが
人気作家。1巻・2巻ともアマゾンで買えます。
古本でもわりと簡単に見つけられるんじゃないかな、と
思います。もし興味を持たれたら、ぜひ手にとってほしい
漫画です。
ペパミント・スパイ (1)
ペパミント・スパイ (1) (花とゆめCOMICS)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐々木倫子「ペパミント・スパイ」 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる