ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎・思いがけず鉄道の旅

<<   作成日時 : 2010/03/23 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
連休中、宮崎に行ってきました〜ミニ旅行。(プチとは言わない私)
思いがけず鉄道マニアに受けそうな場面に出くわしたので、私は
マニアではないのですが携帯で撮影しました。携帯がちょっと
古いのと、腕のイマイチさによって写りが悪いですがご了承を。

まずは上の画像、宮崎の飫肥(おび)杉を使った「海幸山幸」号。
もともと週末限定の電車ですが、春休みは毎日運行するそうです。
宮崎から鈍行に乗って飫肥駅まで来たのですが、小さな駅舎に
降りたら10人以上待合室にいる。???なぜこんなに込み合って
いるのでしょうか(飫肥にしては)。まあ飫肥も武家屋敷の面影を
残す渋めの観光地ではあるのですが、そんな殺到するほどでは・・
画像

謎が解けました。女性駅員さんに聞くと、もうすぐ限定電車の
海幸山幸が来るというではありませんか。待合室にいるのは
海幸山幸を待っている人たちだったのです。この電車は事前に
TVなどで宣伝されてたので、存在を知ってたんですねー。
飫肥杉を使った、木の温かみのある素敵なデザインだよね、と
思ってましたので会えて嬉しいよー!
乗れたら最高でしたけど、定員51名、うち自由席は9席。
指定席は満席、自由席も多分無理、とのことで諦めました。
まあ、そもそもこの時間に来ることも知らなかったしね。
見られただけでもよしとしなきゃ。ホームにどうぞ、とのことで
近づいて撮影しました。よかった〜

宮崎では一泊したのですが、その辺は省略して(おいおい)
あっそうだ、ブームは去ったと思われますが知事にちなんだ
お店で食事しましたよ。
画像

帰りに、秘境の駅と言われる「宗太郎駅」を通りかかったので
もの珍しくて寄ってみました。鉄道マニアによく知られている、と
某ウィキ○ディアに書かれてましたが、ほんとですか??
秘境は言いすぎだろ、集落の中にあるじゃん〜と思いましたが
表示がないと駅らしいものがないので存在を見過ごしそうに
なります。民家に存在が埋もれています。駅への道も細くて、
車で行くなんてことは全く想定されていません。
というより、駐車場もないので、車で来ても置くところがありません。
都会育ちじゃありませんが、さすがに少々驚きを隠せない私。
この駅に止まる電車は、1日3本です
証拠写真
画像

特急はたくさん通りますが、当然止まらないのでこんなものです。
乗る人いるんだろうか・・・。この辺の人、みんな車持ってるよなー。
などと疑問は尽きませんが、答えも出てこないのでこの辺で退散。
なんかこう、独特の雰囲気があってよかったです。確かに利用
されるために作られて、一通りの設備は揃ってるのに(緊急用か、
今は少なくなった公衆電話がありました)、静かで、永遠に誰も
来ないような、忘れられたような寂しげな雰囲気が印象的でした。
でも一歩駅を出ると、民家があるので現実に引き戻されます。
・・実際、ウロウロしてたら民家からおじさんが出てきてどこかに
行きました。「ああ、また鉄道好きが来てるよ。こんな田舎に
わざわざ物好きだねー。」と思われたに違いない。恐らく。

ささやかな一泊の旅でしたが、思いがけず鉄道に触れる旅と
なりました。マニアじゃないけど、鉄道ってロマンがあるんだね、
きっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮崎・思いがけず鉄道の旅 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる