ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トリニティジルオール・ゼロ プレイ日記6

<<   作成日時 : 2011/06/01 23:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

プレイ日記、第3章後半です。完全ネタバレです。

ネメア探しをするアレウスたち。アキュリュースへ行き、その後
ロストールへ。なぜかセレーネのつてによりロストール王妃
エリスの館で依頼を引き受けることになってしまう。相変わらず
多くを語らないセレーネ。

途中、さまざまなクエスト(依頼)をこなす。三冊の書捜索、小麦を
盗賊から奪い返す、闇の結界の奥の冒険。その際にネメアの
情報を聞いて回り、アンギルダンからネメアがエルズに渡ったと
聞く。エルズに行こう・・とする前にインテリボルダンことダイダロ
登場。フゴーの屋敷へ招待される。興味半分怖さ半分で屋敷に
行く3人。前作のままのフゴー夫妻。
シリアスな世界観のジルオール世界において異質な2人、
それがフゴー&フゴー妻。屋敷ではちょっとしたギャンブル、
ミニゲームが出来、豪華景品と交換も。しかしギャンブル系に
全く熱くならないプレイヤー(私)の性格もあり、さっさと屋敷を
引き上げる。

エリスの依頼を達成。ダグザがソウル「ウォーリアーモンク」を
宿す。同じくセレーネはソウル「ルナシャドウ」を宿す。
ルナシャドウ懐かしい。ゲームのシステムは違うものの、
あちこちで前作の面影を見ることが出来て嬉しいです。
セレーネの正体が一部明らかに。セレーネはエリスの配下
「エリスの宝石」の一員だった。・・・ってここでダグザなんか
随分驚いてますが、個人的にはそんなに驚くことかなあ・・と
思いました。だっていかにもセレーネって女スパイって感じだし、
ダルケニスだし、貴族の娘だったとか王族の落とし子
だった、とかのほうが数倍驚きですよ。
思わずダグザに「そんなに驚くことかっ、そのまんまでしょっ」と
突っ込み入れたくなりました。納得の正体です。

などと騒いでいるアレウス一行。ネメアを探しに行くという当初の
目的を思わず忘れそうになります。エルズに行くんだった・・・と
思い出しても都合よくエルズへの海路に海賊が出るという
これまたベタな展開
。退治すりゃいいんでしょ、とスレた気持ちで
出発。エルズにて、ネメアたちが風紋の遺跡に向かったと聞き、
RPGの定番「探し人とはすれ違い」により後を追う。
タイミング悪くネメアパーティーが強敵と戦っている場面に遭遇。
加勢するはめになり、苦労して倒したらネメアに時間がかかった
などとイヤミを言われる始末。ネメア・・結構口悪い。
アレウスはネメアにバロル討伐の協力を依頼するものの、ネメアは
アレウスたちを信じる条件として、依頼をする。「魔道器のカケラを
探すこと」カケラを見つけたら猫屋敷(懐かしい)に届けるようにと
言われて、今度はネメアのおつかいに奔走せざるを得ない
アレウスパーティーだった。

あちこちでカケラを集めたアレウスたち。カケラの正体は施文院の
大神官イズによって砕かれた魔道器のカケラのことで、バロルに
更なる力を与えようとするイズの企てを阻止するため、アレウス
たちも施文院へ行くことになる。
そしてここでアレウスとネメアはお互いの素性を知ることになる。
アレウスは自分がバロルの息子ルグの子と明かし、ネメアは
バロルの娘エスリンの子と明かす。従兄弟・・・とわかっても
感動的な場面も全くなく、あくまでも淡々と会話する従兄弟たち。
そりゃもうお互い親もいないし、世俗的なしがらみとは無縁な2人
とは知ってはいても、なんか物足りないよお2人さん、と言いたくも
なります。
い、いちおうアレウスの方がちょっと年上みたいですね。
どうみてもネメアのほうが年上に見えますが。
ピカピカに光り輝くネメアに比べて地味なアレウス・・。そこがいいの
ですよ、とフォローしてみる。

さて施文院へ向かうネメア&アレウスパーティー。ここではアレウス
たちにネメアパーティーの一人が加わってダンジョンを進みます。
色んな敵や中ボス(?)を退けていよいよ大ボス。大神官イズと
ゴーレムが現れ戦闘に。ちなみにイズが現れた時、アレウスが
思わずその美しさに見とれたらしきシーンがあって、つい爆笑
しちゃいました。オルファウスの計画通り、魔道器を祭壇に
置いても反応せず、イズの計略で逆にバロルを不死にして
しまう。悪役の定番、高笑いと共に消え去るイズ。
不死になったバロルを打ち破るのは闇の神器のみだった。


ここで第3章終わりです。やはりなんと言ってもいきなり一人で
冒険するはめになるのがちょっときついですね。
手のかかるアレウスのおかげで、色んな体験が出来ますねえ・・
しかし従兄弟同士の感動の対面(もう何度も対面してたけど)と
いうのに全く気にしていない2人に笑ってしまいました。
それぞれの遺児が、祖父討伐に向けて出逢い協力する。
不思議な縁とはこのことかもしれませんね。
次回は第4章です。こちらもなるべく早く更新したいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは(^O^)
プレイ日記再開ありがとうございます(≧∇≦)
仕事が忙しくまだまだ序盤でなかなか進めてませんが、面白く日記読ましてもらってます( ̄∀ ̄)
明日は休みなんでゆっくりトリニティしようかな(^_^)v
メタル
2011/06/03 12:36
こんにちは!コメントありがとうございます。ようやくプレイ日記再開しました。
あとは4章、5章です。プレイ日記が終わったら少しだけキャラ語りや考察もどきを書きたいのですが、どうなるかな〜と。私もクリアするまで相当時間がかかりました。ぜひ休日にトリニティを進めてくださいね☆
ゆみしま
2011/06/03 18:45
はい、ゆっくりトリニティします(^O^)
ホンマトリニティの世界が全くわからないんで、キャラの事とか世界観を書いてくれたら参考になりますね!
メタル
2011/06/03 20:35
そうですね、今作が初めてだとわからないことが多いですよね。詳しくは無理かもしれませんが、ちょっとだけ語ってみようと思います。
前作のキャラや設定についてはこのブログやHPにもコンテンツを作ってますのでよかったらどうぞ(←宣伝・・)
ゆみしま
2011/06/05 22:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリニティジルオール・ゼロ プレイ日記6 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる