ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トリニティジルオール・ゼロ プレイ日記9

<<   作成日時 : 2011/06/11 00:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

ついに最終章、第5章です。この章自体は短いのですが、勿論
怒涛の展開です。完全ネタバレ、エンディングにも触れてます
のでご注意ください。

第4章を終えて後はエンシャントに乗り込むばかりなのですが、
その前にサブクエストを可能な限りやろうとあちこちの街を放浪。
街に行っては酒場やギルドに行き、クエストが発生しないか
ひたすら確認。この辺は前作の親密度アップの作業に通じる
ものがあります。ちょっと面倒なんだけど、やらずにはいられない。
とりあえずこれ以上はクエストは起きないかな・・・と判断して
いよいよエンシャントへ。

バロルに謁見し、勲位を授かろうとするアレウス。
と、直前でモルゾワが息も絶え絶えに飛び込んでくる。あまりにも
ナイスタイミング。というか、生きてたのね。モルゾワはアレウスが
ネメアと結託していると明かし、バロル討伐は失敗に終わる。
牢獄に入れられる一行。しかしネメアがメイアの水晶を使い、
幻竜クルーアッハを召喚し、牢獄を破壊させる。ここのムービーは
とってもかっこいいです。いわゆる鳥肌立つ映像です。
牢獄が倒壊したら自分たちも危ないじゃないかと思いますがそこは
主人公。うまく脱出するアレウスたち。

その後はエンシャント城に乗り込んでひたすら戦闘し、バロルの
居所を目指します。途中、シーラの様子が明らかにおかしくなるが、
そこまで気にしないアレウス&ネメアたち。いや、もうちょっと気に
した方がいいんじゃないかというレベル。
何かに乗っ取られてるとか操られてるとか疑うべきだったのだが、
変なところで能天気なのはさすが従兄弟というか・・・
シーラは魔人アーギルシャイアに体を乗っ取られており、知らない
うちにゾフォルのスパイの役目をさせられていたのだった。
夫の命を奪ってしまったシーラの心の闇に付け込んで利用した
ゾフォル。今作ではバロルよりも数段あくどい印象だった。
前作では途中までは「ひねくれ者だけど割と面白いおじいさん」の
印象もなきにしもあらず、だったのだけれども。

シーラはゾフォルの攻撃からアレウスをかばって命を落としてしまう。
自分を抱きかかえるアレウスにキスして息を引き取るシーラ。
・・・本当は感動し涙する場面なのだろうけど、唐突すぎて唖然と
する私。いや、伏線が微妙に張られてはいましたが、それでも唐突。
シーラの方が相当年上に見えるしなあ・・。ついでに、キスの場面で
思わず顔をそむけるセレーネが気になったり。ムービーも細かい
ところで作りこんでます。またこの辺はキャラ語りで語りたいと
思います。

悲しみをこらえて城を進み、ついにバロルと対峙するアレウスたち。
最後に、アレウスが虚無の剣を使う場面は本当に切ない。
「本当にそれでいいのか」ネメアの問いが心に残ります。
迷いも何もかも捨てて、ただ純粋な心で未来のために虚無の剣を
使うアレウス。「大いなるソウル」の持ち主、アレウスの最後。

バロルが滅び、戦いが終わるとすでにアレウスの存在や人々の
中のアレウスの記憶はこの世から消え、忘れ去られ、ダグザや
セレーネ、ネメアたちはただ、バロルが倒れ平和が訪れたこと
のみを知る。一体誰がバロルを倒したのか、覚えている者はいない。

エンディング。バロルが倒れ、エンシャントではネメア、オルファウス、
ケリュネイア、レーグ一行が凱旋していた。新しい世の幕開けを
感じるネメア。彼がアレウスの記憶を少しでも残していたのか、
それはわからない。

ゼネテスとツェラシェル。シーラの墓を小高い丘に作り、「誰のものか
分からない」剣を墓標代わりに立てる。シーラも喜んでいる気がする、
とツェラシェル。何となく彼はアレウスの存在を感じている様子。
ツェラシェルとアレウスの存在の記憶は前作と微妙に関わりが
あります。アレウスが「大いなるソウル」の持ち主だったため、
通常は完全に忘れ去られてしまうはずのアレウスの存在は
少なくともツェラシェルには感じられる様子。そしてのちに彼も
虚無の剣との関わりが出来るのだが、それはまた別の物語。

アレウスの師ダルキナ。弟子に稽古をつけながら、扱いにくい剣を
使いこなしていた「ある者」の思い出を語る。「今ではその者の名も
忘れてしまったが・・・」ここは泣けます。切ないです。
ダルキナはかなり強くアレウスの存在を覚えている様子。
やはりアレウスとの繋がりが強かったからか。

そして。一緒に行動したのはそう長い時ではなかったが、大切な
仲間だったダグザとセレーネ。二人は大きな木の立つ草原で別れを
告げる。国に帰るというセレーネ。国とはロストールのことなのか。
妹も失い、孤独の身となった彼女を受け入れてくれるのは王妃
エリスなのか。彼女のために、スパイとしてまた影で活躍して
いたのかもしれない。どちらにしても表に出る存在ではないのだ、
「エリスの宝石たち」は。
ダグザはまた旅に出るという。あっさりと別れる二人。彼らが
アレウスの存在を覚えているのか、それとも忘れてしまったのか、
セリフからは一切分からない。ここはプレイヤーの判断に任せると
いうことかもしれない。

私は思う。アレウスとセレーネは、アレウスの存在を何らかの形で
覚えているに違いない。あれだけ深い絆で繋がった三人なのだから。

二人が別れる直前、一羽の鳥が飛んで行く。どこに行くのか・・
まるでアレウスの化身のように、天高く飛び去って行く。

そして、物語は終わる。スタッフロールが流れ、最後に剣を持った
アレウスが消え、剣だけが残る。どこまでも切ないエンディング
だった。時代としては後となるジルオール(PS版オリジナル)や
インフィニット、インフィニットプラスでその存在が一切語られていない
ことからも、前作を知っていればある程度このような結末は想像できた。
でも、やはり悲しい。切ない。だからこう思うことにする。
インフィニットの時代、突如現れた「無限のソウル」の持ち主が、きっと
アレウスの存在をこの世に戻してくれたに違いない、と。
ゼネテスが無限のソウルの持ち主に言ったように、生か死かという
二者択一を越えた第三の選択が出来るのが無限のソウルだと、私は
信じている。歴史の影に消えた、3人の活躍に思いを寄せて。




プレイ日記はこれで終わりです。お読みくださりありがとうございました。
クリアしてからだいぶ時間が経っているので、余韻が残っているうちに
全体を通しての感想や、キャラクターについてもう少し書きたいと
思います。よろしければまたいらしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
クリアお疲れ様でした!

やっぱり切ないですね。
シャリが前作で「ネメアは世界を救ったのは自分たちだけじゃないって知ってる」みたいなことを言っているらしいのですが、ネメアもやっぱり少しは覚えてるんでしょうかね。というかそう思いたいです...
なな
2011/06/11 17:54
ななさんコメントありがとうございます。
ゲーム開始からプレイ日記を終えるまでに半年以上かかりました
想像はしていたものの、エンディングはとても切なかったです。前作は相当やりこんだ(つもり)ですが、これまた時間が相当経過しているのでシャリのそのセリフは記憶にありません。
ネメアはきっと覚えていて、でもアレウスの気持ちを尊重してあえて何も語らない・・、と思うことにします。プレイヤーの願望ですねえ。。
ゆみしま
2011/06/11 22:59
プレイ日記お疲れ様です。
ってゆうても自分はまだ2章の序盤なんでまだプレイ日記は全部読まないようにしてますけどね(^。^;)
登場人物に対してはホンマわかりません…
話ついていけなくて切ないな…
メタル
2011/06/12 18:05
ゆみしまさんは洋楽も興味あるんすね(^O^)
自分も洋楽(特にメタル、ハードロック、ミクスチャー)が好きなんすよ!
メタル
2011/06/12 18:09
メタルさんコメントありがとうございます。今第2章ですか、これから怒涛の展開で面白くなってきますよ
プレイ日記は完全ネタバレなので、未プレイの部分はプレイしてからご覧下さいね。
キャラクターが多いので前作を知らないと混乱しますよね。
そう、洋楽(特に80年、90年代ポップス)好きなんですよ。最近はゲームも音楽もおろそかなんですが。なるほど、メタルさんのHNは洋楽好きから来てるんですね。
ゆみしま
2011/06/12 23:16
こんばんはIお久しぶりです。
ようやく3章の中盤にきましたテ
プレイ日記も徐々に解禁です(笑)
そうです、洋楽好きからHNがきてるのですメ
メタル
2011/07/06 21:24
メタルさん、こんばんは!第3章ですね。段々ストーリーの核心に近づきつつありますね。これからは怒涛の展開なので心して下さい(笑)
全体の感想やキャラ語りを書きたいのですが、また間が空いてしまって反省中です・・。頑張ります。
ゆみしま
2011/07/06 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリニティジルオール・ゼロ プレイ日記9 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる