ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「散り行く花」

<<   作成日時 : 2005/12/10 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 先日NHKのBSでむかしの、むかしの映画が放送されました。
「散り行く花」という映画です。なんと1919年製作。
音声はなく、サイレント映画と呼ばれるスタイルです。
セリフがなく、登場人物の演技があり、そのあと弁士さんが
セリフや状況を説明します。

 ビデオに録画してもらって見たのですが、サイレント映画を
見慣れていないので、どうも違和感が消えませんでした。
ストーリーはネタバレを避けるため多くは書きませんが
一言で言うと悲劇です。

 私がこの映画を見たかったのは、ストーリーというよりは
サイレント映画のスター、リリアン・ギッシュが大好きだから
なんですね。とても美しい女優さんです。クラシックで繊細な
顔立ちで、まさに西洋人形といった趣きの人です。
今のグラマラスでセクシーなハリウッドスターとは対極な
雰囲気です。悲劇がよく似合う、といったら語弊があるでしょうか?

 実際、1930年代に入ってからはグラマー系の女優が
もてはやされるようになって映画出演も減り、舞台に多く
出ていたようなのですが。「散り行く花」は代表作と言われます。
あとは「国民の創生」「イントレランス」など、サイレント時代の
大作にたくさん出ています。
現代のハリウッドにもこんな雰囲気のスターがいるといいのになあ、
と思ったりして。実はそんなに映画を見ないのですが、クラシック映画は
印象的なものがいくつかあるので、おいおい書いてみようかと。
たいていマイナーですけどね(^^;)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
散り行く花
監督 D・W・グリフィス 出演 リリアン・ギッシュ リチャード・バーセルメスリリアン・ギッシュとドナルド・クリスプの見事な演技は、サイレント映画であることを忘れさせてくれる。日々是映画でレビューを読む『散り行く花』を楽天で探す ...続きを見る
日々是映画をほぼ一行に凝縮版@楽天広場
2006/03/14 11:27
自分に喝を入れたい時に 10 「散り行く花」
「散り行く花」 映画史の伝説的名作   ...続きを見る
ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋
2009/07/27 14:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「散り行く花」 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる