ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジルオール インフィニットSS「砂塵」

<<   作成日時 : 2006/01/11 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「砂塵」

 ラドラスにいると季節を感じるのは困難だ。
何せ外の景色が見えるのはただ一ヶ所だけ。あとは完全に
外界と遮断された閉鎖的な都市。
外部の者は想像すらしないだろう。砂漠の地下に、魔道王国
ラドラスがいまだ存在することを。そして、この都市には
人々が暮らしていることを。
砂漠の民と呼ばれる人々は、このラドラスにひっそりと
暮らしていた。長老や一部の人間はラドラスから出て、外の世界を
旅する。情報収集、物資調達、交易・・。彼らはある程度自由に
ラドラスと外部を行き来しているが、外界に出たことのない人間も
かなりいた。今までは、旅をしてきた者が外の世界の話をすることで
満足していたが、最近はそれだけでは済まなくなってきた。
原因は、砂漠の民を率いる、族長にあった。

 「エステル!!その格好はなんなの!?」
生まれてから、まだ一度も外の世界に出たことのない、アデルが
叫んでいる。まだ幼さの残る少女だ。
エステルと呼ばれた少女は振り返る。少年のような格好だ。
しかし、発せられた声は完全に少女のものだった。
「ち、ちょっとアデル、大きな声出さないでよ!ボクは今から
族長としての大切な役目を果たすために外に行くんだから。」
しかし、アデルは全くその言葉を信用していないそぶりで、
「そんなこと言ってもあたしはだまされないわよ!だって
長老様が、『エステル様には困ったものじゃ。族長たるもの、
外の世界の事情を知る務めがある、などと申されて皆が止めるのも
聞かず外の世界に出て行っている。』って言ってたもの。」
アデルは長老のしゃべり方を真似しながら得意そうに言った。
エステルは内心しまった、と思いながらもアデルに聞いた。
「アデル、キミ、そんな話どこで聞いたの?しかも長老様の
真似までしてさ。なんか人聞き悪いよね。皆が止めるのも
聞かず、なんてさ。そんなことないよ。長老様が頭がカタすぎ
なんだって。」
それに構わずアデルは続けた。
「だめよ、エステル、ごまかそうとしても。こうも聞いたの。
『しかもエステル様は外で、冒険者として活動もしている
らしい。冒険者ギルドに登録し、依頼を請け負ってもいるようじゃ。
信じたくはないが、リベルダムの闘技場に出場もしているという
噂まである。ゆゆしき事態じゃ。』だめよ、エステル。
そんな面白そうなこと、あたしたち仲間に黙って1人でしてる
なんて。あたしたちも連れて行ってよお。」

 結局はそれが言いたかったのか、と脱力してエステルはアデルを
なだめにかかった。
「わかった、アデル、今日は見逃してよ。ちょっとリベルダムに
行きたいんだよ。長老様たちに黙っててくれたら、今度連れて
行ってあげるから。ね?」
アデルは考え込んだが、結局は外に連れて行ってあげる、と
いう言葉を信じることにした。
「分かった!エステル、今日は内緒にしてあげるから、今度
絶対に外に連れて行ってよ。約束だよ!」
「ありがとう、アデル。じゃあちょっと行って来ま〜す!」
エステルはアデルにうなずいて駆け出して行った。
「エステルったら、あんなに嬉しそうにどこに行くんだろう・・」
アデルは不思議に思ったが、ふと昨日のエステルとの会話を
思い出した。「あっ!エステルったら、もしかして・・・」
これは帰ってきたら質問責めにしなきゃ。アデルはそう思うと
くすっと笑った。

 エステルは張り切ってラドラスから竜骨の砂漠に向かった。
慣れていない者にはこの砂漠は難所だが、エステルにとって
この辺は庭のようなものだ。竜骨の砂漠に入り、目についた場所に
古びているが美しい首飾りを埋めた。
「これでよしっと・・。あとはリベルダムに行って・・。」
砂の付いた手を払いながら、エステルは嬉しそうに言った。
昨日アデルたちと話している時に、面白い話を聞いたのだ。
『竜骨の砂漠に首飾りを埋めて、それを自分の大切な人に探し
出してもらう。そうすればその人との絆が永遠のものになる。』
最近ラドラスの若者の間で流行しているおまじないだ。
アデルや子供たちはラドラスの外に出たこともないし、出ることを
禁じられている。このおまじないができるのは、外に出ることを
許されている者の特権なのだ。
なんて素敵な話なんだろう。エステルはそう思い、早速自分も
やってみようと思い立った。しかし、よく話を聞いてみると
そう簡単なことではないのがわかった。
竜骨の砂漠はどこも同じような景色で迷いやすいうえに、
砂漠に埋められた首飾りを見つけるなど、不可能に近いことだ。
現に、今まで何人かが挑戦したが、誰も首飾りを見つけられずに
終わったという。困難だからこそ効力があるということだが、
エステルは何としてもこのおまじないを成功させたかった。
そこで思案した上に、エステルは少々ルール違反をすることに
した。

 「いいよね、だってもともとこれが絶対!なんて決まりは
ないんだし・・。」誰に言うでもなく、エステルは一人言い訳を
した。代々の族長である自分の家に伝わる水晶を引っ張り出し、
これを使うことにした。この水晶は、これまたエステルの家に
伝わる古い首飾りと対になっていて、お互いが引き合うように
出来ているのだ。その仕組みはよくわからなかったが、これも
魔道王国ラドラスの技術の一つと思われた。この首飾りを埋めて
水晶をあの人に持たせれば、首飾りが光って場所を知らせるはず。
これなら、不可能ってことはないよね。きっとあの人なら探し
だしてくれる。もしかしたらこのおまじないって、この首飾りと
水晶から来てるのかもしれないなあ・・。
エステルはふとそんなことを考えた。お互いに引き合う二つの
宝物。ロマンティックだよね。
エステルの言う「あの人」とは、最近急に名を上げてきた冒険者の
ことである。名前はアルディス。テラネという、小さな田舎町の
出身の少年である。茶褐色の髪で、やや鋭いまなざしが印象的だった。
エステルはつい最近この少年とリベルダムで会ったのだ。
彼の話では、まだ駆け出しの冒険者とのことだったが、エステルは
アルディスに不思議な魅力を感じたのだ。一体なんだろう。
言葉にするのは難しいが、無限の可能性を感じさせた。これから
大きく羽ばたこうとするその姿が、エステルにはまぶしく見えた。
自分の立場と比較して、エステルは少し切ない気持ちになった。

 ラドラスの族長という立場。その重さはわかっているつもりでは
いたが、実際族長になってみて、それが自分の想像以上だった
ことがわかった。ラドラスの魔法文明はまだ滅びてはいない。
水も空気も食料も供給し、砂漠の中でも全く不自由なく暮らして
いける。しかし、自分たち砂漠の民に許されているのはそこまでだ。
もっと高度な技術が眠っていることは族長の家に伝わっていたが、
それがどんなものなのかはわからなかった。ただ、ラドラスの
技術を守ること。族長は定期的に行われるチェックに立ち会うのが
義務である。もしチェック時に族長の存在が確認されなければ、
ラドラスは自動的に滅びるのだ。技術を守るために。
自分が守るべきものが何かも知らされないまま、ただラドラスを
守れ、技術を守れ、そのために族長の務めをまっとうしろ、と
言われつづけるのは辛いことだった。何より、族長生存のチェック
があるから、完全に自由な旅はできないのだ。いくら冒険者として
活躍していても、定期的にラドラスに戻らねばならない。

 いつも束縛されているのだ。いや、ラドラスが存続する限り永久では
ないか・・・。恐ろしい考えが頭をよぎり、エステルは頭を振った。
代々の族長はみんなその定めを受け入れ、一生を過ごしてきた。
だけど、自分はそんな生き方は嫌だ。何を守るのかも、なんのために
守るかも知らされず、ただ古代の人間の思惑のままに生かされている。
エステルはその想いから離れられずにいた。
自分がその役目を終えることが出来るのは、自らの死か、ラドラスの
死しかない。誰か、この重荷から解放してほしい。

 そんな時に現われたのが、アルディスだったのだ。ごく普通の駆け出し
冒険者風のいでたちだが、エステルは、アルディスが自分の運命を変えて
くれるような予感がしたのだ。だから一目で気に入って、その後も
リベルダムに行っては話をし、少しずつ親しくなっていったのだ。
アルディスが自分をどう思っているか、エステルにはよくわからない。
嫌ってはないだろう。最初は強引な自分にやや戸惑っているようにも
見えたが、近頃はよく話しをする。これが恋とか愛とか呼べるものかは
わからないが、とにかくエステルはアルディスに首飾り探しを頼む
ことにした。アルディスならきっと見つけてくれる。そして、出来れば
一緒に冒険をしたい。仲間に入れてもらいたい。そんな気持ちで、
エステルは首飾りを埋めた。さあ、リベルダムに行って、首飾り探しを
依頼しなきゃ。引き受けてくれますように・・。
エステルはもう一度、首飾りを埋めた場所を振り返って、それから
リベルダムに向かって歩き出した。
エステルの背後では、折からの風に巻き上げられた砂塵が
舞っていた。

(終わり)

SSコンテンツへ戻る
4人の巫女のキャラ語りへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジルオール インフィニットSS「砂塵」 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる