ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ムーラン・ルージュ」

<<   作成日時 : 2007/11/29 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ユアン・マクレガーの出演映画を見ようというコンセプトを
ほそぼそと続けてきましたが、そうするうちに熱も冷め・・。
でも、もうちょっと見たい映画があるので続けます。
今回は「ムーラン・ルージュ」。日本でもかなりヒットした
ようですが、2001年の映画とは・・。時代に乗り遅れている
自分を痛感。

 で、ミュージカル映画というものは人により好き嫌いが激しい
ジャンルだと思うのです。私は、嫌いではないけれどほとんど
見たことがないのです。ユアンをキーワードに、たまには
ミュージカル映画を見るかと借りました。
感想は・・結構面白かったです。確かに「なぜここでいきなり
歌うんだ!?
」というミュージカル嫌い伝統の批判ももっともだ
と思えるところもありましたが、思っていたよりずっと好印象。
会話で使うととてつもなく気恥ずかしいことでも、歌にすると
すんなり受け入れられる。そんなこともあるのかもしれない・・と
思いましたが、実際はいきなり日常生活で歌を歌い出したら
周囲に絶句されるのは間違いなし・・。

 ただ、悲しいかな、世代が違うのか映画で使われている歌が
知らないものが多くて。知っている歌でもアレンジがかなりされて
いるので、なかなか原曲を思い出さない。これはちょっと勿体
なかったです。
ストーリーはもうわかりやすいです。貧しい作家と劇場の踊り子が
恋に落ちるが、踊り子は公爵に見初められスポンサーになることを
約束されていた。公爵は作家との恋愛を許さないが踊り子は彼と
別れられず・・。最後は悲恋に終わるという、大変わかりやすく、
はっきり言うと「ステレオタイプ」と言えます。
でも、1900年初頭のパリが舞台なので、こういうクラシックな
展開がよかったかも。

 相手役のニコール・キッドマン。彼女を好きという人は多いですが、
私は少数派。・・といっても嫌いではないのですが、一言で言うと
顔の好みが合わないといったところでしょうか。・・たくさんの人を
敵にまわしましたか(^^;)?いや、きれいな人だしそれこそ肌が
透けるように真っ白!スタイル抜群、お人形のよう。
・・でも人の好みはいかんがともしがたい。すみません。

ユアンと彼女の組み合わせだと、どうしてもN・キッドマンがかなり
年上に見えてしまうのがちょっと違和感。実際にも彼女のほうが
結構年上だったと思います。
ユアンとニコールが一緒に並んでいるとお姉さんと弟という感じで
恋人同士というイメージがあまり・・。そこが引っかかってしまって。

 本編は2時間以上あるんですが、ちょっと最初から中盤に
かけてが冗長でした。本編の進み具合が遅い!歌ばっかり歌って
ないで早く話を進めてほしい!などと思ってました。(上で映画中の
歌について評価したのにもうこれだ)
歌と踊りにあまり思い入れがないからこのような事態になって
しまうんだなーと自分でも思いながら。
逆にラスト近くの展開はあまりにもカットが短くて、何が起きたのか
分からない場面もありました。アンバランス?

 でも、繰り返しになりますが、歌の素晴らしさを再認識できました。
2人の歌もうまいし、楽しい映画です。ミュージカルはダメ!という
人にはやはりおススメできませんが。私のように「別に嫌いじゃ
ないけど見たこと無い」という人にもチャレンジしてほしいですね。
(まあ、気に入る確率はそう高くはないだろうという諦観もあり
ますが^^;)

 さて、次は何を見ようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「ムーラン・ルージュ」 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる