ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ母校を応援するのか(昔の思い出)

<<   作成日時 : 2009/03/18 21:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事から間が空きました。忙しかったというよりは特筆する
ような出来事がなかったというべきかもしれません。そうこうしている間に
時は過ぎ、異動もなく、とりあえずもう一年現在の場所にて勤務です。

前に触れた母校のセンバツ出場。検索に引っかかるのも何なので
あえて校名は書きませんが、23日に試合が決まりました。
対戦相手は古豪・箕島高校。古豪と言いつつ、強かった頃のことは
知りません・・・。逸話はオールドファンに聞きました。
23日は慶應、箕島、PLと言った甲子園有名校が続々登場するので
観客も多いだろう、とのこと。23日・・ちょっとだけ、本当にちょっとだけ
観戦に行きたかったけれど、色々な事情で断念。
しかし母校は最近の練習試合に負け続けているとか。うーん、本音を
言えば23日ボロ負けしませんように・・・!と祈る日々。

色々書いてますが、実を言うと現役の高校生だったころは野球に
特段興味はありませんでした。プロ野球も高校野球も。
プロ野球はその後多少興味を持って、このブログでもしばらく記事を
書いたりしてましたが、高校野球は近年もあまり興味もなく・・。
夏の甲子園でまあ、県代表を応援するくらいの関心はありますが
どうしても私立校(外人部隊)の出場が多くて、あまり熱くなれないん
ですよね。野球留学反対!とまでは言いません。勉強だったりスポーツ
だったり、人は何かを目指すもの。

そんな私ですが、今回のセンバツ出場には思い入れがあります。
驚いたのは母校が近年部活に力を入れていたこと。野球部部員の
数の多いこと!私が高校生のころ、母校は部活に力を入れていた
とは言えず、むしろ体育会系の部活動については勉強との兼ね合い
から、実際にはあまり奨励していなかった気がします。
奨励するしないというよりは、多くの生徒が部活にそう熱心でなかったと
いうのが正確かもしれません。
もっと正直に書くと、野球部などに対しては、「進学校に入ったのに
どうして野球部なんてきつい部活をやってるの??両立無理だよね」と
いうようなクールな視線が向けられていました。私もその一人。
そんな感じで3年間は過ぎていきましたが、卒業が迫ったころの
ささやかな思い出が「母校の甲子園出場」のひそかな願いに
つながっていったんです。

年が明けて受験が近づいてきた頃、小論文の指導を受けることに
なりました。特別講座のようなものが出来て、今まで習ったことの
ない年配の国語の先生が担当になり、マンツーマンのような形で
小論文を添削してもらってました。講座も終わりに近づいてきて、
先生がふと一枚のコピーをくれたんです。作家の赤瀬川隼さんの
エッセイでした。
赤瀬川さんは高校の先輩に当たる方で、母校が半世紀前に
甲子園に出場したときの生徒。甲子園出場の思い出を書いたもの
でした。その先生は野球が好きで、いつか母校がまた甲子園に出場
できたらいいねえ、と話したのが遠い記憶の中で思い出されます。
母校が甲子園に出場したことがあるのすらその時知りました。

その時は恐らく「うーん、出られたらいいけど無理だろうなあ」、と
私は内心思ったのでしょうが、それが今現実になっている。
母校の野球部に思い入れのなかった私ですが、この何気ない
会話がきっかけで、それからひそかに母校の甲子園出場を
願ってました。もちろん半分以上は諦めていて、忘れかけていた
願いでもあったんですが、今回実現できて嬉しいです。
それと、今回ネットで野球部の記事を色々読みました。
今は昔よりすっと進学校になっていて、授業もなかなかハードな
ようです。その中で一生懸命勉強と部活を両立させようとする
部員のエピソードは身にしみました。当時、醒めた目で野球部を
見ていた自分。今も野球部はそういう目を向けられているかも
しれません。だけど、そうやってただ醒めた目で見る人と、両立を
目指して努力する人のどちらが輝いているか。

ああ、そんな醒めたことばっかり言うなんてつまらないなあ。
両立を目指して頑張っている人をもっと応援すればよかった。
醒めた目で色々言うなんて誰でも出来る。両立の努力は、
誰にでもできるわけじゃない。
ただ頑張ってね、って暖かい目で見ればよかったんだ。


そんなことを当時の自分に言ってあげたいです。
分かったような顔をしていた高校生の頃が恥ずかしい。
その罪滅ぼし、とまでは言いませんがそんなことがあって、今回
こっそりひっそり応援に熱を上げてます。一応寄付もしました・・
少しだけ。でも周囲のOBは結構クールです。「ボロ負けしなきゃ
いいけどね」・・・うー、それは私も心配してますが。
ユニフォームも、当時は「シンプルすぎて寂しい。地味だ。」
なんて思ってましたが、伝統校らしくて結構評判みたいです。
そう言われると現金なもので「これはこれでいいかも」なんて
調子よく思ってしまう。

23日はテレビで観戦したいですねー。多分一生に一回の
思い出になるだろうから、よく心に留めて観戦したいです。
ということで、特に応援する高校を決めてない方は心の
隅ででも母校を応援してくださると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜ母校を応援するのか(昔の思い出) ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる