ゆみしま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤洋之&後藤啓介

<<   作成日時 : 2010/06/14 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

タイトルだけ見てなんのことか分かった人は仲間ですね。
と唐突に仲間認定をされても困るって。
そう、コンビで幻想的な美しいイラストを描いていた方たちの
お名前です。

先日書店にて早川文庫などマニアよりなコーナーを見ていた
ところ、このお二人のイラストらしき表紙を見つけたので作者を
チェックしたら、後藤さんの名前だけがありました。
ということはコンビは解消したのかと調べてみるとやはり99年に
ソロ活動となったようです。しかも加藤さんは洋之から龍勇と改名
されてました。80年代〜90年代はかなりお二人の名前を聞いて
いたように思いますが、最近聞かないなあと思ったら。時の流れを
感じました。

お二人の大ファンというわけではないのですが、わりとプロ活動の
初期から知ってました。初期の画集「トーランドットの錬金術師」と
「ギョロス大帝の創音機械」の二冊を家族が買ったのがきっかけ。
トーランドット〜に読者ハガキがついていて、あまり気に留めずに
出さずにいたのですが、ギョロス〜内のコメントにて読者ハガキを
くれた人に返事を出したらしきことが書いてあって、「しまった、
出せばよかった!」と調子いいことを思ったのも随分昔のことです。
内容については、自分も相当な子供だったため、理解しがたかったと
いうのが正直なところ。難解でしたねえ・・。当時の絵はフランスの
イラストレーター(という呼称でいいのか自信ないですが)、メビウスの
影響が強いそうです。って詳しくないので伝聞調。
とにかく描き込みの多い、繊細な美しいイラストでした。

私は線の細い繊細な絵が好みなんですが、そこまで熱くははまれず、
個人的には画集も何も持っていません。
多分彼らのような無機物(機械)を精密に描いた絵よりも有機物(植物)や
風景を繊細に描いた絵のほうが好きだからだろうなと自己分析。
そうなると女性の描き手のほうが好みということになるかも。
とはいえ独特の絵柄は印象的で、しばらくは活動をなんとなくですが
チェックしてました。レナスなんてゲームのデザインを手がけたことも
知ってますよー。透明水彩を使ったカラーもとても美しくて好きでした。
某雑誌に彼らのカラーの描き方特集が載ってて、一生懸命読んだ
過去あり。その記事で透明水彩なるものを知りました。

ああ、それと後藤さんは同郷(県レベルで)なので、勝手に親近感を
持っていました。・・・年も出身市も違うのに迷惑な話ですね。
後藤さんのブログを発見して見てみると、コンビ解散したころに「介護の
仕事をしながら絵を描く」とあったので驚きました。全く畑違いの仕事に
就いて、二足のわらじ・・?今現在どうされているか分かりませんが。
また専業に戻ったのかとも思えますが、はっきりしません。
色々あったのかなあ・・・と思いつつ。

冒頭の後藤さんによる表紙が美しい本(文庫)ですが、残念ながら
タイトルを覚えていないため紹介できません。その表紙もとてもよい
出来でした。また幅広く活躍して頂きたい、と思ってます。
なつかしのイラストレーターさん達でした。・・マニアックですみません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
加藤龍勇先生とは 年に2度ほどお会いします
個展で良くおしゃべりします…とても気さくな先生ですよ

ご参考までに
*studio burabura
イラストレータ加藤龍勇+後藤啓介のホームページ(とはいっても 実質 加藤龍勇先生のHPです)
http://www.fuki.sakura.ne.jp/~burabura/index.html

ごく最近知った後藤先生のブログです
(後藤先生には まだ1度もお会いしたことがありません 原画は見せていただいたことがあります…)

*後藤啓介ワークス
http://gokemomo.blog40.fc2.com/page-11.html

最近は お二人をご存知の方が少ないので この記事は大変嬉しかったです
まんじゅ猫
2011/01/16 01:52
こんにちは。コメントありがとうございました。また、お2人のサイトも教えて頂きとても嬉しいです。
私も書店で後藤さんのイラストを見て久しぶりに思い出しました。インターネットで調べてもお2人の情報が少なく、反応を頂けるとは思っていなかったので嬉しい驚きでした。
ゆみしま
2011/01/16 19:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
加藤洋之&後藤啓介 ゆみしま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる